独身エグゼクティブが不動産投資で有利な理由とは

(写真=Cressida studio/Shutterstock.com)
(写真=Cressida studio/Shutterstock.com)
独身エグゼクティブが不動産投資で有利だと言われているのをご存知でしょうか。現に、サラリーマンの不動産投資家は増加の一途をたどっています。月々の給与と安定した家賃収入が得られるとあれば、誰しもが憧れる投資方法と言えます。今回は独身エグゼクティブが不動産投資で有利な理由を紹介します。

不動産投資の担保

不動産投資が、他の投資と決定的に違う点があります。それは「担保」です。例えば株の投資の場合では、基本的に自己資金で投資を行わなくてはなりません。レバレッジをかけて、自己資金以上の額を購入できる信用取引もありますが、追証のリスクなどが伴ってきます。これはFXにおいても同様です。

しかし、不動産投資では物件を担保にローンを組むことができます。銀行側としても、不動産価値を認識しやすく、好印象として捉えられることが多くあるようです。

また、不動産投資では物件価値が借入額を上回るということもあり得ます。その場合に発生する差が「担保余力」です。これは複数の物件を運用したい場合に優位になります。特に豊富な資金でいくつかの物件を運用したいと考えるエグザティブ層にとっては有益であると言えます。

不動産投資ローンの融資は厳しめ

一般的に、不動産投資ローンは住宅ローンの融資よりも条件は厳しく設定されています。特に単身者の方は、配偶者を保証人として設定できないので、審査が通るかどうか気にされる方も多いでしょう。しかし、不動産投資ローンで最も重要な事項は「借り入れる人の収入」です。

基本的なことですが、ある程度の勤続年数、そして上場企業で安定した収入と企業の信用などがあれば、この条件をクリアすることができます。また、借り入れた人の「支出」も大きな参考となるポイントです。扶養者がいるほど、当然支出額も多くなります。子供が一人、二人といればその学費や、生活費などもさらに大きくなります。その点、単身者であれば支出額は最低限に収まります。その点も高い評価につながるのです。

不動産投資で給与以外の収入をつくる

不動産投資では過度に借り入れる「オーバーローン」はおすすめできませんが、借り入れをすることでレバレッジの効いた大きな投資をすることができます。まさに現代の「錬金術」と言える投資方法ではないでしょうか。給与以外に収入があるというのは単純なプラスですが、不動産の減価償却で節税となるパターンも大いに考えられます。そうすることでさらなる相乗効果を得ることができるのです。

安定的な働き方をしている方であれば、借り入れも比較的容易にできる可能性がありますし、低金利時代ということも追い風です。20代、30代など比較的若いサラリーマン投資家が誕生しているのも、そのような背景があってのことでしょう。今後の結婚、子供の誕生など、いずれ来るかもしれない生活の変化に備えておくことも重要なのではないでしょうか。

自身の「強み」を生かした投資を

株やFXなどの通常の投資では、資金以外ではフラットな状態で投資を実行します。しかし、上場企業や安定した企業に勤めている方であれば、信用性を生かした不動産投資がやはり有利です。少ない収入でも多くの資金を調達できるということは大きな強みです。ご自身の背景も踏まえて、有益な投資を考えましょう。 
 

【おすすめ記事】
50代からでも間に合う!すぐに実行できる「6つの老後貯蓄法」
生命保険による相続税対策のメリット・デメリットと活用状況
海外不動産への投資 頼りになるパートナーの条件とは?
年収2,000万円以上のアナタへ 資産形成しながら所得税の税負担を軽減?
配偶者特別控除が150万円に拡大、「増税」になる人と「減税」になる人

関連記事