内見もVRで。不動産テックで今注目の企業は?

(写真=SFIO CRACHO/Shutterstock.com)
(写真=SFIO CRACHO/Shutterstock.com)
不動産業界にもIT化の波が訪れ、中小から大手までさまざまな不動産会社が不動産テックの導入を進めています。不動産テックは、物件の売買や賃貸業務だけでなくあらゆる場面で利用されています。いち早く導入を進めて、顧客のニーズを満たしつつ企業側の負担を大きく軽減している不動産会社もあるようです。不動産業界で、ITはどのようにして利用されているのでしょうか。

進む不動産テック

不動産テックとは、不動産とテクノロジーを掛け合わせた造語です。不動産テックと呼ばれる技術にはさまざまなものがあります。仲介業務支援、管理業務支援、物件情報運営、メディア運営、マッチングサービス、スペースシェアリングなど、これらはすべて不動産テックに含まれます。このように数多くの領域で、日々IT化が進んでいます。

よく見かけるものでは、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を使った内覧も不動産テックです。今では、住宅ローンや保証関連にもテクノロジーが活用されています。

不動産テックの具体例

不動産とテクノロジーを掛け合わせたものといわれても、ピンと来ない人もいるかもしれません。具体的にどのようなものが不動産テックなのか、いくつかの事例をご紹介します。

外国人が日本の部屋を海外から契約できる

保証人不要で、シェアハウスからハイクラスマンションまで契約できるサービスがハウスコムの「グローバルサポートプラン」です。海外からでも、来日前に賃貸契約を交わすことができます。

支払いもクレジット決済対応で、ライフラインの開通代行まで行ってくれます。ネットから申し込むだけで、全く手間をかけることなく部屋を借りることができるサービスです。

スマートホーム×セキュリティ

mouse スマートホームでは、ルームハブを通して、あらゆる家電をスマホで操作できるスマート家電商品を販売しています。これらにドアセンサーやショックセンサーをプラスすることで、手軽にホームセキュリティ機能を利用できるようになっています。

ホームセキュリティサービスは高いからとあきらめていた人も、費用が割安のこのシステムなら活用できるかもしれません。

セールスにもIT

訪問営業で時間を使わず、オンライン商談で効率的にセールスを行えるツールがベルフェイスです。不動産業界でも利用できるベルフェイスを活用することで、業務時間を短縮し、顧客数を増やすことができるでしょう。顧客の都合に合わせて訪問しなければならず、残業が当たり前だった営業職の働き方改革にもつながります。

質の高い物件情報を360度カメラで

VRでの内覧は、すでに多くの不動産会社で取り入れられている不動産テックです。特に注目したいのが、小型で軽量、使いやすい360度カメラのTHETA(シータ)です。販売元のリコーが、THETAで撮影した映像データをWEBサイト上に表示するサービスを法人向けに展開しています。このサービスを活用することで、自社サイトにWEB内覧機能を付加させることができるのです。

さらに、THETAでは、カメラで撮影した360度映像を利用したWEBバナー広告を作成することもできます。不動産と相性のいい360度カメラは、これからより広く活用されていくでしょう。

最新の不動産テック事情

すでに広く利用されている不動産テックは、今後どのような分野で伸びていくのでしょうか。

不動産テックが広がることで、不動産業界のビジネスモデルも大きな変革を求められています。これまでは不透明だった不動産の価格や賃料が、今後透明化されていくと予想されます。
古くから続く、賃料モデルが崩壊する可能性も十分にあります。賃料と同じようでいて、大きく異なるサブスクリプションでサービスを展開したり、利用した分だけ請求を行ったりする従量課金制も、全国で広がりつつあります。

サブスクリプションなら、敷金や礼金といったものも必要なくなり、住みたい場所に気軽に引っ越せるようになります。全国で空き家が増えていく中で、家を購入する必要性を感じられない人も増えていくでしょう。

そうなった時、自由に住み替えられるサブスクリプション型の住居のほうが、顧客のニーズを満たせる可能性があります。

不動産テックで住居が変わる!契約が変わる!

一口に不動産テックといっても、さまざまな分野で利用されています。今後不動産テックが進むにつれて、賃貸契約、売買契約といった契約の内容から方法まで大きく変わっていくことでしょう。

持ち家が必要という固定観念がなくなり、近い将来、多くの人が国籍に関係なく自由に暮らすようになるかもしれません。未来の住居の形がどう変化していくのか、常に最新の不動産テック情報をチェックして、想像してみるのも楽しそうです。
 

【おすすめ記事】
50代からでも間に合う!すぐに実行できる「6つの老後貯蓄法」
生命保険による相続税対策のメリット・デメリットと活用状況
海外不動産への投資 頼りになるパートナーの条件とは?
年収2,000万円以上のアナタへ 資産形成しながら所得税の税負担を軽減?
配偶者特別控除が150万円に拡大、「増税」になる人と「減税」になる人

NEXT 不動産所得を増やす3つの方法 PREV 投資初心者が成功するために必要な「情報収集のコツ」

関連記事