住宅・不動産
-
2019.6.16

不動産投資のメリットやデメリットは?初心者でもできる?

(写真=LookerStudio/Shutterstock.com)
(写真=LookerStudio/Shutterstock.com)
不動産投資は多額の資金を要するイメージから、投資初心者にとっては敷居が高く感じるかもしれません。しかし不動産投資はメリットやデメリットをしっかり把握すれば、比較的に安全で有利な投資であることがわかります。

不動産投資のメリットとは

まずは不動産投資のメリットを簡単にまとめてみましょう。

定期的な家賃収入(インカムゲイン)を得られる

マンションやアパートに投資した場合には、入居者から家賃収入を得ることができます。一時的な売却益と違い家賃は毎月、入居戸数分だけ入ってくるため安定した収入になるわけです。家賃収入をそのままローンの返済に充てることも可能です。

不動産の購入は節税対策になる

不動産を購入することで節税になることがあります。不動産投資で得た収入から減価償却費やローン金利、固定資産税などの必要経費を引けるため、購入費用も含め必要経費の方が多ければ赤字となり、損益通算で「給与所得」から赤字分を差し引くことができるのです。その結果「所得税」と「住民税」が節税になるわけです。

生命保険の代わりになる

意外と知られていないのが不動産投資は生命保険の代わりになることです。「不動産投資ローン」を利用して不動産を購入すると、「団体信用生命保険」が付帯されます。

この保険に加入していると、被保険者(不動産を購入した人)が万一死亡、または定められた高度障害の状態になった時に、ローン残高を保険金で一括返済してくれるので、ローンだけが残るという心配はありません。

不動産投資のデメリットとは

もちろん投資なので、メリットだけでなくデメリットについてもおさえておく必要があります。

空室リスクがある

マンションやアパートの投資で一番大きいリスクは空室が出ることです。空室が出て長期間入居者が決まらなければ、その期間に家賃収入はありません。

その対策として、最近では賃貸物件を管理会社が借り上げて、空室があるなしにかかわらず一定の金額を支払ってくれるサブリースを利用する方法もあります。

流動性が低くすぐに売却できない

不動産は株式のように日々取引が成立するものではないため、売却したいと思ってもすぐに買い手が付くとは限りません。このデメリットについては立地の良い物件を選ぶことで、ある程度流動性を高めることはできます。

金利上昇リスクがある

ローンを組んで不動産を購入した場合は、金利上昇リスクがあります。固定金利なら問題ありませんが、変動金利で契約した場合は影響を受けます。その対策としては、金利は高いものの固定金利を選択する、ローンの借入期間を短くするという方法があります。

少額でも始められる不動産ファンド

不動産に投資することに不安がある、資金に余裕がない場合では、不動産をファンド化した商品に投資する方法もあります。代表的な商品としては「小口不動産投資」「不動産投資型クラウドファンディング」「J-REIT(不動産投資信託)」などがあります。

いずれも投資家から集めた資金で不動産物件を購入・運用し、その収益を投資家に分配する商品です。高い利回りが見込め、比較的少額から投資でき不動産投資初心者でも入りやすいため市場が拡大しています。

不動産投資の特徴を知って賢い資産運用を

2020年の東京五輪に向けて社会インフラの整備が進み、五輪後も渋谷の再開発、大阪万博、リニアモーターカー開通など不動産市場を活性化させる追い風が次々に吹いています。この追い風を上手く生かした不動産投資を考えるのもいいでしょう。

不動産投資は対策をしっかり立てればリスクを低減することができ、株式をはじめとする値動きのある投資よりは安全性が高いと言えます。以前と比べて不動産投資の選択肢は格段に広がりました。今回紹介したような不動産投資の特徴を知って、自分に合った賢い資産運用を行うことが大事です。
 

【おすすめ記事】
50代からでも間に合う!すぐに実行できる「6つの老後貯蓄法」
生命保険による相続税対策のメリット・デメリットと活用状況
海外不動産への投資 頼りになるパートナーの条件とは?
年収2,000万円以上のアナタへ 資産形成しながら所得税の税負担を軽減?
配偶者特別控除が150万円に拡大、「増税」になる人と「減税」になる人

NEXT 不動産投資は本当に「節税対策」になるのか? PREV 富裕層が好む東京都内の高級住宅街

関連記事