マネー
-
2019.5.18

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを徹底比較

(写真=Stokkete/Shutterstock.com)
(写真=Stokkete/Shutterstock.com)
キャッシュレス決済の方法が多様化したことで、財布の中からは現金が消え、代わりに複数のカードが占拠するようになったという人も多いのではないでしょうか。各種電子マネーにクレジットカード、デビットカードにプリペイドカード……数が多すぎると使い分けも難しく、どれをいつ使おうか迷うこともあります。ここでは、クレジットカードとデビットカード、プリペイドカードの違いと、それぞれの特徴と使い方についてご紹介します。

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを比較

初めに、それぞれのカードには異なった特徴があります。

クレジットカードは、当月に利用した分を翌月または翌々月、ボーナス月などに支払います。利用から実際の支払いまでにはタイムラグがあります。また、クレジットカードを保有するためにはクレジットカード会社の審査が必要です。

キャッシング枠のついているクレジットカードなら、現金を借り入れることもできます。使いすぎると、後で支払いが大変になってしまうため、計画的に利用できない人は注意が必要です。

デビットカードは、使ったその場で口座から代金が引き落とされます。したがって、支払いに利用する預金口座残高以上の金額は利用できません。支払回数は1回払いのみで、クレジットカードと異なり借り入れはできません。

プリペイドカードは、事前に現金をチャージして使います。チャージした金額以上は利用できません。カードを作るための審査もいらず、だれでも簡単に利用できます。

それぞれの特徴、メリット・デメリット

それぞれのカードにはメリット・デメリットがあります。

クレジットカードのメリット・デメリット

クレジットカードのメリットは、手元に現金がなくても決済できる点にあります。お得なポイントが付与されるクレジットカードも多くあります。
少額のキャッシングも利用できるため、急な物入りがあったときにもクレジットカードは役立ちます。

ただしクレジットカードの場合、引き落とし日に口座残高がない場合、あとで延滞金を取られてしまうこともあるので注意が必要です。

デビットカードのメリット・デメリット

クレジットカードはなるべく使いたくないという人は、現金と同じような感覚で使えるデビットカードを利用してみましょう。決済時にデビットカードを提示すると、即座に口座から代金が引き落とされます。

毎月自分で決めた額をデビットカード用の口座に入れておくことで、生活費や娯楽費などのお金の管理にも役立ちます。ただし、デビットカードは口座残高分しか利用できない点には注意しましょう。利用する際に口座残高が不足していたということがないよう、こまめな確認が必要です。

プリペイドカードのメリット・デメリット

あらかじめ現金をチャージして利用するプリペイドカードは、お小遣いの管理にも役立ちます。デビットカードと同様に、お金を使いすぎることがないというのは大きなメリットでしょう。チャージをするのは少し面倒かもしれませんが、誰でも簡単に利用できるという点で、とてもハードルの低いカードです。

クレジットカードに付帯できるプリペイド式の電子マネーもあります。交通系のプリペイド式電子マネーと一体型になったクレジットカードを利用することで、よりお得にポイントを貯めることもできます。

それぞれのカードはこんな人に向いている

クレジットカードの利用に向いている人は、家計の管理をしっかりと行える人です。さらに、節約に対する意識も高く、クレジットカード払いでポイントやマイルを貯めたい、ETCカードとして利用したい、カードに付帯する海外旅行保険を利用したいなど、クレジットカードを利用することによる利点を、よく理解している人に向いています。

デビットカードは、クレジットカードを利用するのはできれば避けたい、しかしポイントやマイルが貯まるカードを利用したいという人に向いています。クレジットカードではついつい使いすぎてしまうという人は、デビットカードで使いすぎに注意しつつお得な特典を利用しましょう。

プリペイドカードは、セキュリティに関して用心深い人におすすめです。ネットショッピングでクレジットカードの番号を入力するのは避けたいという人は、プリペイドカードを利用するとよいでしょう。日々お金の使いすぎに気をつけている人にとっても、チャージした分しか利用できないプリペイドカードは安心して利用できるカードになります。

それぞれの特徴をよく知り自分に合ったカードを使おう

カードは多く所有するのではなく、本当に必要なものだけ利用するようにしましょう。生活スタイルや家計への意識の違いによって、自分に合うカードは異なります。自分のタイプを見極めて、お得に利用できるカードを選んでみてはいかがでしょうか。
 

【おすすめ記事】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
報酬が高額なCEOランキング1位は500億円超えで「貰い過ぎ」と批判
「お金持ち」はどれくらいの所得、資産を持つ人?世間のお金持ち像
所得税の税負担を削減する「減価償却」とは?
年収400万だが親は裕福、一般家庭出身だが年収1200万、選ばれる男はどっち?

関連記事