マネー
-
2019.5.17

つらい年収1,000万円と幸福な年収300万円の違い

(写真=Julia Sudnitskaya/Shutterstock.com)
(写真=Julia Sudnitskaya/Shutterstock.com)
年収1,000万円を超えているのになぜか毎日つらそうな人もいれば、年収300万円なのに日々満たされている人もいます。お金と幸福は関係ないという人もいますが、それにしても、なぜこのような違いが生まれてしまうのでしょうか。いくら収入があっても生活が楽にならないという人は、本記事を参考に、あらためて家計と向き合ってみましょう。

300万円でもストックがあれば幸せになれる

「人の幸せはお金では買えない」というのは本当なのでしょうか。2013年にアリー銀行が25歳以上のアメリカ人1,025人を対象に行った調査では、「貯蓄額と幸福度は比例する」という結果が出ました。同調査で、10万ドル以上の貯蓄をしている人の57%が非常に幸せ、または幸せと答えています。貯蓄がゼロの人で非常に幸せ、または幸せと答えたのは、29%にとどまりました。

このことから、「年収300万円でも幸福」と感じている人には、多くのストック、つまり貯蓄や資産があると考えられます。

年間の収入が300万円でも、支出が100万円であれば、200万円は自由に使うことができます。将来のために貯蓄したり、資産を増やすために投資したりすることもできるでしょう。

たとえ年収1,000万円でも、支出が900万円だとしたら、余剰金は100万円しか残りません。多くの収入を得ていても、同程度の支出があれば、常に「お金がない」という意識がつきまといます。多く稼いで多く使う生活よりも、収入は少なくともコツコツ貯蓄をしてゆとりのある生活を送る人のほうが幸せを感じやすいといえます。

ポイントは、フローではなくストックの概念が重要

幸福を呼ぶお金の管理のコツは、フローを追うのではなく、ストックを見ることにあります。家計でいうところのフローとは、「いくらの収入を得ていくら使ったのか」というお金の流れそのものです。ストックとは、「貯蓄や資産」を指します。

ここであらためて、家計の収支を振り返ってみましょう。毎月どのくらいの収入を得て、どのくらい使っているのでしょうか。その中に、必要性の低い支出はどの程度ありましたか?その支出を貯蓄に回したとすると、年間でどれだけストックは増えそうでしょうか。

特に重要性のない支出が月に5万円あったとして、年に換算すると60万円になり、10年では600万円になります。お金を使ったという満足感の低い支出、例えば、以前に契約したまま忘れていた月契約のゲームや、ほとんど利用していない雑誌の購読アプリなどにお金を使うよりも、それをストックし資産を増やしたほうが幸福度を高めることができます。

富裕層の定義は収入ではない

また、富裕層と定義されるのは純金融資産額が1億円以上の人であり、年収が1億円の人ではありません。資産が1億円ある人は、その1億円を元手に資産運用を行い、さらに資産を増やすことができます。ところが、年収が1億円でも、すぐに使えるお金がなければ運用で資産を増やすことはできません。

富裕層が資産を着々と増やしていくことができるのは、フローではなくストックに目を向けているからです。これから資産を増やそうと思っているのなら、少しずつでも貯蓄額を増やしていきましょう。

ストックを増やすために

毎月流れていってしまうお金をせき止めて、着実にストックを増やすために、以下の方法を実行してみてください。

各種保険の見直し

まずは、現在契約している生命保険や損害保険の契約内容を見直して、無駄がないか確認してみましょう。保険会社に相談するのは不安という人は、保険会社に属さないファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。

通信関連の支出の見直し

大手キャリアから格安スマホへ、あるいはスマホと家庭用のネット回線の契約を同じ会社にするなどして、支出を抑えることもできます。

車の見直し

車を所有していてもほとんど利用していない人は、思い切って手放すのも手です。カーシェアリングサービスやレンタカーに切り替えることで、車にかかっていた税金や保険料、車検代・ガソリン代などの負担を減らすことができます。

貯蓄を始めて人生の幸福度を上げよう


より多くのお金を手に入れる以上に、それをストックし、資産を増やすことが幸福への近道であることが分かりました。今一度家計の収支を見直してストックを増やせるよう、まずは無駄な支出を可視化し削減するところから始めてみましょう。
 

【おすすめ記事】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
報酬が高額なCEOランキング1位は500億円超えで「貰い過ぎ」と批判
「お金持ち」はどれくらいの所得、資産を持つ人?世間のお金持ち像
所得税の税負担を削減する「減価償却」とは?
年収400万だが親は裕福、一般家庭出身だが年収1200万、選ばれる男はどっち?

関連記事