マネー
-
2020.8.2

【米国株動向】不況に耐えうる米国株3選

(画像=Getty Images)
(画像=Getty Images)
モトリーフール米国本社、2019年10月9日投稿記事より

リセッション(景気後退)がいつ来るか、どれほど悪いかは誰にもわかりませんが、経済の減速を示す兆候が見られます。

投資家にとっては、長引く不況にも耐えられるポートフォリオを構築することが重要です。

リセッションに耐えられる業界があります。

それらの企業は通常、消費者が必要とする低コストの製品とサービスを提供しており、リセッションの時期においても安定的な利益をあげます。

そのような銘柄を紹介します。

なお、特に明記のない限り、数値は執筆時点のものです。

ダラー・ゼネラル

小売企業は全般的に「小売業の崩壊」に直面していますが、ディスカウントストアのダラー・ゼネラル(NYSE:DG)は例外です。

テネシー州を本拠地とするダラー・ゼネラルの本店は、30年近くにわたり売上が伸びています。

同社は、2019年だけで975の新しい店舗をオープンする予定であり、さらに1,000店舗を改装します。

第2四半期決算はアナリスト予想を上回り、既存店売上高が4%増加しました。

不況下でダラー・ゼネラルが好調を維持できる原因は、その低価格と品揃えです。高価なスニーカーや最新の家電製品は常に必要ではありませんが、石鹸、歯磨き粉などは生活するうえで必要なものです。

不況下でダラー・ゼネラルがさらに魅力的なのは、消費者が大量購買しなくて済むことです。コストコなどのホールセール・クラブでは、一括購入する必要があります。ダラー・ゼネラルでは、少量で購入できます。これは、リセッション時において、大きな差別化要因となります。

ダラー・ゼネラルの株価は予想PER(株価収益率)21倍で推移しています(12月24日時点)。

テラドック・ヘルス

ヘルスケア株は、不況時に持ちこたえられる傾向があるセクターです。

経済動向にかかわらず、医療サービスや医薬品の需要は底堅く推移します。

とはいうものの、医療費の上昇に伴い、雇用主と消費者は低コストの代替品を探しています。

そこで、オンライン診療サービスのテラドック・ヘルス(NYSE:TDOC)が登場します。

ニューヨークを本拠とするテラドック・ヘルスでは、患者は40ドルの定額料金でバーチャルドクターの診察を受けることができます。

患者はお金を節約することができ、医師の待合室で待つ時間を無駄にする必要もありません。

テラドックは遠隔医療市場で唯一のプレーヤーではありませんが、業界のリーダー的存在です。

同社の第2四半期の売上高は前年同期比38%増と好調でした。

バーチャルドクターへの合計訪問者数も増加しており、第2四半期には70%増加して90万人になりました。

不況下では、消費者と企業は、医療を含むすべての費用を節約したいと思うでしょう。

これはテラドックとその投資家にとって追い風になるでしょう。

テラドック・ヘルスの株価は、PSR(株価売上高倍率)11倍で取引されています(12月24日時点)。

マクドナルド

米国人はファストフードが大好きです。それは健康的であるとは限りませんが、安く、早く、簡単です。

不況下ではファストフードはより好まれる傾向にあり、マクドナルド(NYSE:MCD)はその恩恵を大きく受けるでしょう。

同社はアメリカ全土に14,428店舗、米国外に23,000以上の店舗を展開しています。

同社は、デジタルメニューボードを含め、より多くのテクノロジーを店舗に取り入れており、これらの投資が奏功しています。

第2四半期決算発表によれば、デジタルドライブスルーメニューが平均注文額を引き上げました。

そして、既存店売上高が前年同期比6.5%増加しました。

マクドナルドの株価は予想PER23倍で取引されています(12月24日時点)。

文・The Motley Fool Japan編集部/The Motley Fool Japan


>>その他のおすすめ記事
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
プラチナカードの代表的な特典は?還元率の高さなどメリットも紹介
日系企業と外資企業、年収3,000万超えはどっちが多いのか
「お金は使ってこそ増える」のウソ・ホント
個人事業主ができる「節税対策」6選 法人化という選択肢も?

関連記事