マネー
-
2020.5.22

「富裕層で在り続ける」ために心がけたい5箇条

(画像= Kaspars Grinvalds/Shutterstock.com)
(画像= Kaspars Grinvalds/Shutterstock.com)
あなたがこれからも富裕層で在り続けるために必要なことは何でしょうか。この記事では心掛けたいポイントを5箇条にまとめ、説明していきます。

リスクに見合わない投資を避ける

投資や資産運用は資産を増やすための定石とも言える手段です。ただ投資や資産運用は期待以上の成果が見込める一方でリスクも高く、結果的に大きな損失を出すこともあります。金融商品などを選ぶ際には、リターンとリスクのバランスが適切かどうか留意する必要があります。

リスクを分散させる

投資には「分散投資」という考え方があります。あらかじめ投資先を分散しておくことで、資産を大きく目減りさせるリスクを軽減することをいい、分散の仕方として「資産の分散」「地域の分散」「時間の分散」があります。お金に余裕があるのであれば、「一発逆転」を狙う必要はないでしょう。投資先を分散させ、大幅下落による資産の目減りといったリスクはなるべく回避しておきたいところです。
 

こちらもおすすめ
大富豪キャラが登場する漫画3選 その言動から学べること
富裕層はどんな資産運用をしている?最新トレンドはITサービスの利用

お金を溜め込まず循環させる

生きたお金の使い方をすれば、「資産」は増え続けます。なお、「資産」とは金融資産だけではなく、人脈や人から得る信頼、本人のスキル、知見なども含まれ、これらのこうした資産は結果としてあなたにリターンを呼び込みます。また、金融以外の資産を得るためには、お金を出し惜しみしないことがポイントです。

本当に信頼できる人とだけ付き合う

お金を多く持っている人には、さまざまな人がアプローチを掛けてきます。営業目的の人のほか、中には詐欺まがいの投資話をしてくる人もいるでしょう。こうした話に引っ掛からないためにも、本当に信頼できる人と付き合うことが大切です。そもそも「信頼できる人」かの判断軸は難しいですが、
人間関係を続ける中で一貫性があることや約束を必ず守る、嘘をつかない、お金の話ばかりしないなどが、一つの判断基準となるでしょう。

緊急度は低いが重要度が高いことに時間を

富裕層であれば、時間の使い方を自分で決められる立場で仕事をしている人も少なくないため、意識的に生活に時間的なゆとりを持たせることも可能です。であれば、普通の人はなかなか取り組みにくい「緊急度は低いが重要度は高いこと」にしっかり時間を割けます。例えば、健康維持や人間関係作りなどです。体調不良や体力の衰えはビジネスやプライベートに支障をきたします。富裕層で在り続けるためには、中長期的な目線で、本当に大切なことにこれから取り組み始めることが重要です。

この5箇条を常に心に

いま富裕層の人も、これから富裕層になろうという人も、この5箇条は常に心に留めておきましょう。そしてときどき立ち止まる時間をつくり、自分の行動が5箇条とずれていないか、確認しましょう。
 

>>その他のおすすめ記事
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
プラチナカードの代表的な特典は?還元率の高さなどメリットも紹介
日系企業と外資企業、年収3,000万超えはどっちが多いのか
「お金は使ってこそ増える」のウソ・ホント
個人事業主ができる「節税対策」6選 法人化という選択肢も?

関連記事