マネー
-
2020.1.12

「超富裕層が多い国」ランキング 日本は3,350人、世界で何位?

(写真=S.Borisov/Shutterstock.com)
(写真=S.Borisov/Shutterstock.com)
5,000万ドル(約54億円)を超える資産を持つ超富裕層は、日本に3,350人存在します。これは世界的に見て、多いといえるのでしょうか。今回は、クレディ・スイスの2019年「グローバルウェルスレポート」をもとに、超富裕層が多い国ランキングトップ10を発表します。

「超富裕層が多い国」ランキングトップ10

クレディ・スイス公表の2019年「グローバルウェルスレポート」によると、超富裕層が多い国ランキングと超富裕層の人数は、下記の通りです。なお、クレディ・スイスは超富裕層を資産5,000万ドル(約54億)超と定義しています。

1位:アメリカ 8万510人
2位:中国 1万8,130人
3位:ドイツ 6,800人
4位:イギリス 4,640人
5位:インド 4,460人
6位:フランス 3,700人
7位:カナダ 3,530人
8位:日本 3,350人
9位:ロシア 3,120人
10位:香港特別行政区(中国) 3,100人

2018年と比べて日本の順位は下がった?

ランキング結果を見ると、超富裕層の多くはアメリカにいます。アメリカの超富裕層が全体に占める割合はなんと48%にも及びます。2018年のアメリカの超富裕層の人数は7万3,560人だったので、1年間で超富裕層の人数が増加したことが分かります。

1位から4位までは2018年と順位の変動がありません。日本は、2018年は5位。超富裕層の人数は3,580人でしたが、2019年は微減しています。

それに対して、インドは3,400人から4,460人へと超富裕層の人数が急増しました。他に、フランスも3,040人から3,700人、カナダも3,010人から3,530人と着実に超富裕層の人数が増加しています。

他国における超富裕層の増加によって、日本は5位から8位に順位を下げる結果となりました。
 

こちらもおすすめ
「資産50億円以上の超富裕層が多い国・地域ランキング」日本は2位の9960人!
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由

世界資産ピラミッドにみる富の格差

同調査の2019年の世界資産ピラミッドをみると、資産1万ドル(約108万円)を下回る層が56.6%、資産1万ドルから10万ドル(約1,080万円)の層が32.6%、資産10万ドルから100万ドル(約1億800万円)が9.8%、資産100万ドル超が0.9%という構成になっています。

人数でみると、資産1万ドルを下回る最も多い層は約29億人にものぼります。また、2000年以降の人数が最も増加した層は、資産1万ドルから10万ドルの層です。これは、新興国の躍進によるものです。


>>その他のおすすめ記事
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
プラチナカードの代表的な特典は?還元率の高さなどメリットも紹介
日系企業と外資企業、年収3,000万超えはどっちが多いのか
「お金は使ってこそ増える」のウソ・ホント
個人事業主ができる「節税対策」6選 法人化という選択肢も?