「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?

(写真=Halay Alex/Shutterstock.com)
(写真=Halay Alex/Shutterstock.com)
少し前に「お金持ちが持っているのは長財布だった!」という内容の本が流行った時期があった。長財布を勧める本は出版不況の中で20万部を超えるヒットとなり、類書や同様の記事が登場した。さて、2018年の現在、ネットで「お金持ち 長財布」と検索をすると「長財布を使い始める人はますます貧しくなった」や、「嘘だ」といった否定的な内容が出てきている。「お金持ちは長財布を使っている」のは本当に正しいのか?それとも間違いか?

「お金持ちは長財布」は本当か?

最初に長財布ブームを作り出した著書は700人以上の社長の財布を見てきた税理士で、その経験から「稼いでいる人はお金を大切に扱うことができ、お金が快適に過ごせる長財布を持っていることでお金に愛されるのだ」と、やや精神論的というかスピリチュアル的な論理展開をしていた。この話は全面的でないにしろ、部分的には正しいだろう。お金を丁寧に取り扱える人とは、概してお金の把握ができている人であるという考え方もできる。

しかし、世のお金持ちがみんな長財布を使っているのか?というとそうではない。長年、ファーストクラスでVIP客へサービスをしてきたキャビンアテンダントは「トップビジネスマンは二つ折り財布が多い」と違った持論を展開している。こうなると主張する人によって異なるから事実が分からなくなってくる。

お金持ちは合理的思考

筆者が数々の富裕層と付き合ってきて感じた共通点は、「彼らはとにかく合理的」ということだ。それはお金の持ち方にも現れている。

知人で年収が億を超える社長がいるが、彼はコンビニで買い物をする場合を含め、使えるところは全てクレジットカードを利用している。否、クレジットカードが使えないお店は面倒だからあまり利用しないと言っていた。「現金でないとお金を使用した感覚がなくなるから危険、という人は単に金銭感覚がないだけ。自分の場合はクレジットカードの明細をきちんと見ているから逆に現金払いが続くと月末の時点で把握できなくなる。かといって家計簿をつけているのは時間のムダ」という。

そして「現金払いは自分だけでなく、社会全体で見て損失を生む。レジに並んでお金の準備、お釣りの受け渡しなどレジ処理にも時間がかかるから現金払いは全体的に見て周囲の迷惑になる」と面白い持論を展開してくれた。そんな彼が持っていたのはカードケース。2枚のクレジットカードを入れていて、外出時はそれで全ての支払いを済ませているのだという。

>>(続き)世界的にはキャッシュレス化が主流
1 2
Page 1 of 2
NEXT ビリオネアCEOが「給与1ドル」で働く理由 Facebookザッカーバーグ氏ら

関連記事