マネー
-
2019.11.18

デキるビジネスパーソン必見!MacBookに入れるべき便利アプリ7つ

(写真=Nitchakul Sangpetch/Shutterstock.com)
(写真=Nitchakul Sangpetch/Shutterstock.com)
MacBook購入後は、自分なりに使い勝手をよくするため色々なアプリを入れてカスタマイズする人が多いでしょう。今回は、MacBook ProやMacBook Airを購入した人向けに、作業効率をぐんと向上させてくれる便利アプリを紹介します。

ファイル共有は王道のDropboxとEvernoteが便利

Dropbox

Dropboxは世界中のユーザーに愛用されているクラウドサービスです。パソコン本体が故障したとしてもデータが保護される安心感、複数人で同じフォルダにアクセスできる利便性など、利用するメリットははかりしれません。

容量2ギガバイトまでは無料で利用でき、月額1,200円のプラスコースを選択すれば2テラバイトに拡充されます。2テラバイトあれば、個人での利用ならば充分すぎる容量でしょう。Dropboxだとどの端末からでもファイルにアクセスできるため、仕事でもプライベートでも重宝します。

Evernote

Evernoteは議事録作成、ToDoリスト管理などに適しています。職場や自宅などどこからでもアクセスできます。テキストや写真を保存したり、ボイスメモを録音したり、アイデア次第で無限の活用法があります。

検索機能が強力なので、「あれどこに書いたっけ……」を防ぐことができます。また、タグ付け可能なので検索で引っかからなくても別の観点から該当ファイルを探すこともできます。

連絡ツールならChatworkとSlackが旬

Chatwork

インターネットを介して仕事をする際に非常に便利な連絡ツールです。ファイルをメールでやり取りしていると過去のメールがどこにいったか分からなくなり、再度送ってもらうといったことになりがちです。

Chatworkでは、グループチャット上でファイルのやり取りができます。グループチャットに必要なメンバーを追加しておけば簡単にファイル共有ができ、さかのぼるのも簡単です。グループチャットは複数作れるため、プロジェクトや案件ごとにさかのぼって確認できます。

また、タスク管理機能があるため、仕事の未決などがチャットで流れてしまう心配がありません。音声通話機能もあるため、チャット以外の活用もできます。

Slack

Slackでは、Chatworkのグループチャットにあたるチャンネルを作成し、プロジェクトや案件ごとにチャットを管理できます。Chatwork同様、複数人でビジネスチャットとして利用することが可能です。

SlackはエンジニアやIT業界に人気がある連絡ツールです。DropboxやGoogle Drive、Twitterなど連携できる外部サービスが多いことや、プログラミング言語を共有できる機能があることがSlackの人気の理由です。一方、Chatworkとは違いタスク管理機能はありません。

作業効率アップを実現するClipyとSkitch

Clipy

Clipyとはクリップボード拡張機能です。Clipyを使えば、複数のアイテムを連続コピーしたり、コピー履歴を辿ったりすることができます。テキストだけでなく画像にも対応しているのもありがたい点です。

頻繁にコピー&ペースト機能を利用する人にとってClipyは欠かせません。また、定型文を登録していつでもペーストできる機能も人気です。まさにかゆいところに手の届くサービスです。

Skitch

Skitchは、簡単に画像に文字や図表を書き込める便利アプリです。ブログで使用する写真を加工したり、社内・社外資料作成時に分かりやすい説明画像を作ったり、利用シーンは数えきれません。

加工内容は矢印や図形の追加、文字入れ、線・蛍光ペンでの書き込み、モザイク処理、トリミングやリサイズなどです。十分な画像編集機能が備わった便利アプリで、直感的な操作ができるのもSkitchのうれしい点です。

LastPass

LastPassはパスワードを一元管理してくれるアプリです。最近では仕事やプライベートのさまざまな場面でパスワードの入力を求められます。パスワードを思い出せなくてログインに手間取ってしまうと、作業を中断せざるを得ません。

LastPassがあれば、そんなストレスを感じることなくスムーズに作業に集中できます。
 

こちらもおすすめ
何個知ってる?iPhone長押し裏技6つ
「これなら続く」健康管理アプリ・サービス3選 今度こそ健康的にやせる

便利アプリで自分だけの使いやすいMacBookに

MacBookを購入したら入れておきたいアプリを紹介しました。使い勝手のいいアプリを入れて購入したMacBookをカスタマイズするのは楽しいものです。人気のアプリを試しつつ、自分だけの使いやすい作業環境を作り上げましょう。
 

>>その他のおすすめ記事
「がん」にかかった時の自己負担額はいくら?
元金1億円なら毎年300万円の利益も可能?高配当株へ投資する魅力
老後2,000万はやはり必要?30歳から考える老後資金計画
婚約指輪にお金をかけなくなっている米国の若者
なぜ「ドタキャン」する人はお金が貯まらないのか?

関連記事