マネー
-
2019.11.16

プラチナカードの代表的な特典は?還元率の高さなどメリットも紹介

(写真=Hamik/Shutterstock.com)
(写真=Hamik/Shutterstock.com)
クレジットカードの中でも上位のグレードであるプラチナカードは、ステータスの証として憧れの存在です。中には発行の申請すら受け付けていないプラチナカードもあり、それらはカード会社からの招待を待つしかありません。このプラチナカードの特徴や所有していることで受けられるサービスなどを見ていきます。

限られた人が保有できるハイグレードなカード

通常のクレジットカードやゴールドカードよりもランクの高いプラチナカードとは、そもそもどういうものなのでしょうか。

高い信用力が必須

クレジットカードを発行するにはカード会社の審査を受けなければなりません。カード会社によって審査基準はさまざまですが、申請者の年収や所属先企業、金融事故(料金の滞納など)の有無などを確認するのが一般的です。カード会社の承認が下りればカードが発行されます。

プラチナカードはその他のカードより利用可能金額も大きく設定されている傾向にあり、そのため審査も厳しいものになります。プラチナカードを保有できるということは、カード会社の厳しい審査をクリアできる高い信用力を持つことの証となるのです。

年会費を払えるだけの経済的ゆとりが必要

プラチナカードの年会費はその他のカードより高めに設定されており、中には10万円以上の年会費が必要なカードもあります。年会費無料のカードも珍しくない今では、比較的高い水準にあるといえるでしょう。

プラチナカードを保有するということは、決して安くはない年会費を支払うだけの経済的なゆとりがあることの証明にもなるのです。

プラチナカード保有者だけが受けられる手厚い付随サービス

※ANA VISAプラチナ プレミアムカードの場合

保有者を選ぶプラチナカードですが、その分保有することで受けられるサービスは非常に魅力的です。

プラチナカードの代表的な特典「コンシェルジュサービス」

プラチナカードにはさまざまなサービスが付随しています。カード所有者の趣味や希望に応じて、レストランやホテルの手配などを代行してくれる「コンシェルジュサービス」と呼ばれる特典が代表的でしょう。

例えば「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」のコンシェルジュサービスは、ホテルやレンタカーの手配の他、旅行プランそのもののアドバイスなども受けることができます。国内外から24時間利用が可能で、初めて訪れる土地でも充実した旅にすることができるでしょう。

まるで専属の秘書を雇ったような快適なサービスが受けられるコンシェルジュサービスは、プラチナカードの大きな魅力の一つです。

高い還元率も魅力的

クレジットカードを持つ理由の一つに、ポイントの還元が受けられ、現金決済よりお得である点が挙げられます。プラチナカードの中には一般的なカードより大きな還元が受けられるものがあります。

上述した「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」と「ANA VISA 一般カード」で受け取れるマイルと年会費を比較してみましょう。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード
 
  ANA VISAプラチナ プレミアムカード ANA VISA 一般カード
入会・継続 10,000マイル 1,000マイル
日々の買い物 1.5%分のマイル 0.5%分のマイル
ANA航空券の購入 3.5%分のマイル 1.5%分のマイル
搭乗ボーナスマイル 50% 10%
年会費(税込) 86,400円 2,160円
※初年度無料

いずれのシーンでもプラチナカードのほうが高い還元となっています。年会費には差がありますが、マイルの還元率を重視する人にはプラチナカードにするメリットもありそうです。
 

こちらもおすすめ
コストコ非会員でもプリペイドカードがあればワンデーパスで入店可能?
楽天ペイ、PayPay、LINE Pay…スマホ決済、今最も得するサービスはどこ?

自分の生活を振り返って必要かどうか見極めを

上述したコンシェルジュサービス以外にも、会員限定のイベントやプロモーションへの参加、名門ゴルフコースの割引利用、厳選グルメなど、プラチナカードならではの豊かな体験が得られます。そこに魅力を感じる方が保有すべきカードといえるでしょう。

比較的高い年会費が必要ですが、プラチナカードには確かなステータスがあります。プラチナカードを持つことで人生の達成感や充足感が得られるでしょう。自分の生活を振り返り、ライフステージの成熟を感じてきたならば保有を検討してみてはいかがでしょうか。
 

>>その他のおすすめ記事
「がん」にかかった時の自己負担額はいくら?
元金1億円なら毎年300万円の利益も可能?高配当株へ投資する魅力
老後2,000万はやはり必要?30歳から考える老後資金計画
婚約指輪にお金をかけなくなっている米国の若者
なぜ「ドタキャン」する人はお金が貯まらないのか?

関連記事