マネー
-
2019.9.21

貯まったマイルでできること。非日常を体験するANAマイルの使い方

(写真=w_p_o/Shutterstock.com)
(写真=w_p_o/Shutterstock.com)
ANAのフライトやショッピングで貯まるマイルは、航空券や選りすぐりの商品などと交換が可能です。また、さまざまなサービスを利用することもできます。今回はANAのマイルで交換できる、体験型のANAセレクションをご紹介します。「欲しい商品は特にないけれど、航空券との交換以外にも楽しみたい」という人に特におすすめです。

夜景を楽しむ東京湾クルージング

少しぜいたくな時間を過ごしたい時におすすめなのが、東京湾クルーズです。1万マイルで交換できる「ザ・クルーズクラブ東京」のナイトクルーズは、ペアチケットなので大切な人との特別なひと時にぴったりです。出航が21時半のカクテルクルーズのため、仕事帰りやディナー後の締めくくりに利用することができます。

クルーザー「レディクリスタル」が出航すると、目の前にはレインボーブリッジや東京タワー、そして東京スカイツリーの美しい夜景が広がります。フリードリンクを楽しみながら、船内だけでなく甲板からも夜景が楽しめます。

一年中体験可能なドルフィンスノーケル

マリンアクティビティ体験をしたい人には、静岡県下田市の下田海中水族館にある「ふれあいの海」でのドルフィンスノーケルがおすすめです。敷地内にある天然の入り江には10頭ほどの

2万マイルで交換できるペア体験には、水中マスク・スノーケル・ウェットスーツ・フィンのレンタルも含まれています(水着とタオルは持参)。またしっかりとレクチャーしてもらえるため、泳ぐのが苦手な人も安心です。ドライスーツを持っていけば、冬期にも利用可能です。水族館の入場券もセットで、一日たっぷりと満喫できる体験コースです。

フォトスタジオでの写真撮影で今を残そう

老舗写真スタジオ・アトリエ木下での撮影サービスは、1万5,000マイルで交換できます。東京・神奈川・福岡にある実施店舗で、プロのカメラマンに撮影してもらうことができます。記念日はもちろん、家族の今の姿を残したい時にもよさそうです。

打ち合わせ・着替え後、20~40分ほどの撮影時間の間に色々な表情を撮ってもらいます。撮影が終わったらモニターですぐに画像をチェックし、気に入った3カットを選びましょう。約1ヵ月後にCD-ROMで納品となります。

「まごチャンネル」で親孝行もできる

3万5,000マイルと交換できる「まごチャンネル」は、スマートフォンで撮影した写真や動画を相手に送信すると、相手はその写真や動画をテレビで見ることができるというアイテムです。2016年度グッドデザイン賞の「グッドデザイン・ベスト100」を受賞した、さりげなくおしゃれなデザインが特徴です。

インターネット回線や無線LANがなくてもテレビにケーブルをつなぐだけなので、簡単にセットアップができます。離れて暮らす両親に孫の写真を送信すると、実家のテレビに自動配信されるという仕組みです。テレビに孫専用のチャンネルをつくれるという感覚ですので、プレゼントに喜ばれること間違いなしです。いつものリモコン操作で見られるので、機械が苦手な人でも安心です。
 

こちらもおすすめ
今さら聞けない、「マイル」のお得な活用法
「貯めたマイルの使いみち」どんなことに使えるの?

商品よりも「体験」を重視する人のためのマイルの使い道

今回はANAのマイルで交換できる、体験コース5つをご紹介しました。商品そのものよりも、豊かな時間を重視する人におすすめしたい、バラエティ豊かな体験がそろっています。たくさんの旅行やビジネスで貯まったマイルを、新たな思い出に交換してみてはいかがでしょうか。
 

>>その他のおすすめ記事
米国人がお金で後悔していること
元金1億円なら毎年300万円の利益も可能?高配当株へ投資する魅力
老後2,000万はやはり必要?30歳から考える老後資金計画
婚約指輪にお金をかけなくなっている米国の若者
なぜ「ドタキャン」する人はお金が貯まらないのか?

NEXT 相続対策を考える際の注意点 PREV クレジットカードで税金納付するメリットとは

関連記事