マネー
-
2019.7.2

なぜクレジットカードには有効期限があるのか?

基本的にはクレジットカードは自動更新されるが……

(写真=Prostock-studio/Shutterstock.com)
基本的に正しくクレジットカードを使っていれば、信用は上がり、クレジットカードは自動更新されます。しかし下記のような場合には、クレジットカードが更新されないかもしれません。もし新しいカードが届かない場合には以下のような点を確認してみましょう。

住所変更をしているか

よくあるのが引っ越しのときカードの住所変更をしていない場合です。住所変更さえすればクレジットカードは無事に届くでしょう。最近は利用明細も電子化されているため、うっかり変更を忘れている方も増えているかもしれません。

信用情報が毀損していないか

もしかすると信用情報が毀損している可能性もあります。信用情報はクレジットカードだけでなく携帯電話の分割払いや、自動車ローンの支払いなどの情報も信用情報に含まれています。

たとえばたまたま引き落とし日に現金が入っていなかっただけでも信用情報は毀損されます。思わぬところで信用情報に傷がついている可能性もあるわけです。もし気になれば信用情報機関で情報開示してもらうこともできます。

新しいクレジットカードが届いたらやること

新しいクレジットカードが無事届いたら、不正利用防止のためにも必ずカード裏面にサインをしましょう。また古いカードは有効期限内であれば使えますが、期限が切れて使えなくなったカードは、ハサミで切ってから捨てましょう。磁気の部分は個人情報が入っているため細かく切ると安心です。

クレジットカードの更新はカードを整理するタイミング

クレジットカードに有効期限があるのは、会員の再審査、不正利用の防止、カード券面の劣化対策などの理由があるのです。

カード更新のタイミングは、カード会社だけでなく自分にとっても持っているカードを整理するタイミングです。無駄なカードがないか、ワンランク上のカードにしたほうがいいかなど、こういった機会にきちんと確認したいですね。
 
>>お金の知識とマイルを貯めて毎日をもっと豊かに
 

【おすすめ記事】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
報酬が高額なCEOランキング1位は500億円超えで「貰い過ぎ」と批判
「お金持ち」はどれくらいの所得、資産を持つ人?世間のお金持ち像
所得税の税負担を削減する「減価償却」とは?
年収400万だが親は裕福、一般家庭出身だが年収1200万、選ばれる男はどっち?

1 2
Page 2 of 2

関連記事