マネー
-
2019.7.2

なぜクレジットカードには有効期限があるのか?

(写真=Galushko Sergey/Shutterstock.com)
(写真=Galushko Sergey/Shutterstock.com)
なぜクレジットカードに有効期限があるのか。実はその理由を知らないという人もいるでしょう。クレジットカードの有効期限がある理由と、有効期限切れでトラブルを招かないためにチェックしたいことを紹介します。

クレジットカードに有効期限がある理由

クレジットカードの有効期限がある理由は主に3つです。

会員に対して再審査するため

もっとも大きな理由は、会員に対しての再審査です。クレジットカードの加入では経済状況、信用情報など審査が行われ、審査に通過すればカードが発行されます。

ただ発行されてから数年が経過すると会員の経済状況も変わってくる可能性は大いにあります。そのためクレジットカードの利用状況や返済の遅れなどがあったかどうかも更新のタイミングで再審査するわけです。

信用情報を更新し今までと同じだけのクレジット契約、限度額で大丈夫かどうかを確認し、もし信用情報が大きく毀損していたら、最悪クレジットカードが更新されない可能性もあります。

また新しいクレジットカードは登録されている住所に送ります。クレジットカードを送るということで、顧客の住所が正しいかどうかも確認できるのです。

不正利用を防止するため

クレジットカードはその性質から盗難や偽造などの対象になりやすいのです。クレジットカードの犯罪は巧妙化しているため、カード会社のセキュリティ対策も日進月歩で進化しています。カード更新のタイミングで、そういった最新の防犯技術が備わったカードへと交換するのです。

>>お金の知識とマイルを貯めて毎日をもっと豊かに
 

カード券面の劣化対策のため

一部のクレジットカードを除き、カードの素材はプラスチック製のものがほとんどです。長期間使っていると、プラスチックが劣化していき、カードに使われている磁気やICチップに影響を与え、正常に読み取れなくなる可能性もあるのです。読み取れない場合はカードそのものが使えないため不便を強いられます。

そうならないためにも新しいカードに変えるのです。


>>(続き)基本的にはクレジットカードは自動更新されるが……
1 2
Page 1 of 2
NEXT 事業承継、M&Aはエキスパートに相談してみよう PREV 外貨建ての生命保険に入る前に知るべきメリット・デメリット

関連記事