ライフスタイル
-
2019.6.4

女性ファッションの世界でも進むサブスクリプション 注目の定額サービス8選

(写真=Kate Aedon/Shutterstock.com)
(写真=Kate Aedon/Shutterstock.com)
今、あらゆる分野でサブスクリプション(定額制サービス)が広がっています。動画・音楽をはじめ、自動車、ソフトウェア、メディア、食品……。さらに忙しい女性、感度の高い女性を対象にしたファッションやコスメなどのサブスクリプションも次々に立ち上げられています。ここでは働く女性と相性のよい8つのサービスを紹介します。

女性向けサブスクリプション「ファッション編」

MECHAKARI(メチャカリ)

月額5,800円(税別)で洋服が借りられるサービスです。手元に置いておける点数は3点までで、契約期間内ならば何度でもアイテムを入れ替えることができます。取り扱っているのは「earth music&ecology」や「SEVENDAYS=SUNDAY」など多くの方になじみのあるブランドの新品アイテムです。これらのブランドを展開するストライプインターナショナルが運営しています。
公式サイトはこちら

SUSTINA(サスティナ)

前出の「メチャカリ」と似たファッションレンタルサービスですが、月額4,900円(税別)で利用料はこちらのほうが安くなっています。手元に置いておけるアイテムは最大10点まで、1ヵ月間で3点まで入れ替え可能です。大手ファッショングループ「ワールド」の子会社が運営しています。
公式サイトはこちら

airCloset(エアークローゼット)

前出の2つのサブスクリプションに比べると、一番安いライトプランで月額6,800円(税別)・3着までという条件設定は割高な印象ですが、その人に合った洋服をスタイリストが選んでくれるという点がユニークです。ベンチャー企業ながらファッション分野のサブスクリプションをリードし、会員数は20万人を突破しています。月額9,800円(税別)のコースだと借り放題で、月に最大4~5回の交換が可能です。会員の4人に3人がこちらを選んでいるようです。
公式サイトはこちら

EDIST.CLOSET(エディストクローゼット)

働く女性、育児をする女性向けのファッションサブスクリプションです。料金は、レギュラープランの場合3ヵ月契約で月額8,300円(税別)です。1シーズン通して利用してみたい人に適したプランです。4点のアイテムから構成されるスタイリスト監修のトータルコーディネートが毎月届き、取り扱いアイテムのほとんどはオリジナル商品です。
公式サイトはこちら

Laxus(ラクサス)

会員数30万人を突破した高級バッグ専門のサブスクリプションです。シャネル、エルメス、ルイ・ヴィトンなど50以上の高級ブランドのバッグが月額6,800円(税別)で使い放題です。届けられるすべてのバッグがクリーニング済、鑑定済で、誤って傷をつけても保証してくれます。まずは40日間無料お試しからはじめられるのもポイントです。
公式サイトはこちら

女性向けサブスクリプション「コスメ編」

BLOOMBOX(ブルームボックス)

美容分野で圧倒的な影響力を持つ「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルのコスメサブスクリプションです。6ヵ月プランの場合、月額1,440円(税込)で毎月4~5アイテムが届きます。特徴は、美容業界の豊富な知識をもったビューティーアドバイザーが、季節やトレンドを意識したアイテムを提案してくれる点です。500ブランドの中から旬のアイテム、注目ブランドを紹介してくれます。
公式サイトはこちら

RAXY(ラクシー)

楽天が運営するコスメ定期購入サービスです。3ヵ月プランの場合、月額1,880 円(税込)で3~6アイテムが毎月自宅に届きます。登録時には、一人ひとりの肌のタイプや悩みなどを「ビューティーカルテ」でヒアリング。内容に合わせて、その人と相性のよいアイテムをセレクトしてくれるのも魅力です。申し込みに応じて、楽天スーパーポイントを獲得できるのも嬉しいところです(100円に付き1ポイント)。
公式サイトはこちら

MY LITTLE BOX(マイリトルボックス)

月額3,350円(税込)でコスメアイテム2~3点と雑貨が毎月届けられます。コスメはMY LITTLE BOXのオリジナルまたはパートナーブランドのもので、雑貨はスカーフ、キャンドル、ブレスレット、ベロアポーチなどパリジェンヌをテーマにしたものです。
公式サイトはこちら

まずは短期契約やお試しで相性の確認を

ファッション分野のサブスクリプションの上手な利用方法は、まずは短期契約やお試しで気軽に自身との相性を確認することです。スタイリストやアドバイザーがセレクトしてくれても、「思っていたイメージと違う」「自分の感覚に合わない」といった可能性もありえます。はじめのうちは、同ジャンルの複数のサブスクリプションを利用して、一番フィットするサービスに絞り込んでいくのも手です。
 

【おすすめ記事】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは

NEXT 富裕層のための会員制コミュニティの目的とは PREV 2019年4月から変わった「年次有給休暇の新ルール」とは

関連記事