ライフスタイル
-
2019.5.10

「貯めたマイルの使いみち」どんなことに使えるの?

(写真=BorisK9/Shutterstock.com)
(写真=BorisK9/Shutterstock.com)
飛行機への搭乗やクレジットカードの利用を通して獲得できるマイレージ。これまでは、特典航空券に交換して新たな旅の計画を立てる使用方法が中心でしたが、様々な趣味・嗜好に合わせるように、マイルの使用方法が広がっています。

グルメには高級ホテルのレストランでの食事

グルメな人にピッタリなのが高級ホテルのレストランで使用できるクーポンへの交換です。ANAマイレージクラブが提携するホテルは、「ザ・ペニンシュラホテルズ」「シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ」「ザ・リッツ・カールトン」など名立たるブランドが並びます。

例えば、ザ・ペニンシュラ東京では、2万マイルで「ヘイフンテラス」のコースランチまたはディナー(2名分)、4万マイルでザ・リッツ・カールトン大阪の中華レストラン「香桃」のコースディナー(2名分)など、マイル数に応じてランチ、ディナーコースが提供されており、記念日など特別な食事を高級レストランで楽しむのにマイルを有効に使用できます。

美容と健康もマイルがお助け

長旅や度重なる出張で積みあがったマイルを、フライトでの疲れを癒したり、身だしなみをチェックしたりといったことに使用したい人もいるでしょう。美容と健康もマイルでカバーできます。

ANAの1万マイルは、「てもみんグループ」のリラクゼーションチケット1万円分(1,000円10枚)に交換できます。フライトでの身体の凝りをマッサージでほぐしてもらうのも賢明です。同じくANAの1万マイルで「Hair&Make EARTH」のクーポン1万円分(2000円5枚)に交換することも可能です。マイレージからのクーポンを利用して、ヘアーケアも楽しむことができます。

フライトの後は自宅でまったりと映画鑑賞

プライベートでは貯まったマイルで特典旅行に出かけるより、家でゆっくりと映画やドラマを見て過ごしたいという人におすすめなのがANAシアターです。オンライン動画配信サービスのANAシアターは、約5万本のコンテンツが用意され、必要なマイル数は、コンテンツごとに設定されています。気になっていた映画を家で観ながら、まったりと過ごすにもマイルは有効です。

「マネーの相談」もマイルで

貯蓄や年金、相続、保険、投資などマネーに関する相談にもマイルを活用することができます。ファイナンシャルプランナーや社会保険労務士、税理士などプロのアドバイスに頼ってみたいけれど、これまで利用したことがないという人であれば、これを機にマイルでマネープランの個別相談クーポンを利用するのも一手です。

必要マイルは90分間の個別訪問に対し100マイル。相談窓口も東京、横浜、名古屋、大阪と4ケ所が準備されています。初回の相談はファイナンシャルプランナーが担当してくれます。なお、マネー相談には債務整理や自己破産など訴訟問題などの法律相談は対象外となっています。

マイルで社会貢献

旅行や出張で貯まったマイルを世の中の為に使用したいという思いを叶えるのが、マイルによる寄付や支援です。ANAマイレージクラブでは、これまでにも災害支援、ユネスコへの寄付をマイルで受け付けてきました。また、チェンジメーカーと呼ばれる社会起業家を支援することも可能です。例えば、途上国におけるトイレの普及に取り組んだり、災害に強い安全な家に住めるような取り組みを進めたり、様々な社会問題を通して課題に立ち向かうチェンジメーカーを1口3,000マイルからサポートすることができます。こうした寄付を通して社会貢献への参加が実現します。

旅行やクレジットカードの利用で貯まったマイルは、それぞれの好みに合わせるように利用方法が多様化しています。マイルの使いみちに思いを巡らせながら、マイルを貯めていけば、その楽しみも増すことでしょう。
 

【おすすめ記事】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは

NEXT 共働き夫婦が「目標額のお金を貯めること」を成功させるコツ PREV 主婦の副業は「メルカリ」から?簡単・便利な活用ガイド

関連記事

'); document.write('\ \ \ '); document.write('\ \ \