ライフスタイル
-
2020.9.7

充実した余生を送りたい!海外で人気の「高級リタイアメント・コミュニティ」とは?

(写真=alfa27/stock.adobe.com)
(写真=alfa27/stock.adobe.com)
「老後もできる限り他人の世話にならず、快適な環境で暮らしたい」という高齢者の増加に伴い、海外では「高級リタイアメント・コミュニティ」の人気が急上昇しています。従来の介護施設・病院とはどう違うのでしょうか。海外で進む「新しい老後生活のカタチ」のアイデアを見ていきましょう。

介護施設や病院との違い

介護施設や病院がケアを必要とする高齢者を対象としているのに対し、リタイアメント・コミュニティの多くは、身の回りのケアを自分自身でできる高齢者を対象とする集合住宅・エリアです。

必要に応じて、在宅医療機関や家事(掃除・食事の準備など)のサポートサービスを利用できるものもありますが、介護施設や病院では味わうことのできない解放感や自分自身で生活を確立しているという独立感、そしてコミュニティ内の交流や活動を介して、人の温かさや社会へのコミットメントを満喫できる点が魅力です。

 

こちらもおすすめ
【目的別】リタイア後を充実させる老後の趣味10選
老後に移住するならここがいい!移住人気都市ランキング

雄大な自然の中、ゴルフを楽しむ優雅な余生

欧米では、予算や広さ、環境に合わせてさまざまなリタイアメント・コミュニティがあります。富裕層に人気のリタイアメント・コミュニティは、優雅な生活レベルと数々のアクティビティのほか、コンシェルジュや送迎といったオプションサービスがセールスポイントの高級タイプです。

例えばカリフォルニア州コスタメサの「ヴィヴァンテ・オン・ザ・コースト」は、コスタメサのニューポートビーチが織りなす自然と潮風を体感しながら、高齢者のウェルネスに配慮した様々なアクティビティやセラピー、室内塩水プール、敷地内に設置された映画館やヘア・ネイルサロンなどを楽しめるリゾート型高級リタイアメント・コミュニティです。

ラグジュアリーでスタイリッシュなデザインを基調とするアパートメントには、24時間対応の看護師が待機しているほか、必要に応じてハウスキーピングサービスを依頼することもできます。現在の価格は問い合わせが必要ですが、月3,900ドル~7,700ドル(約42万~82万円)が過去の参考価格です。

その独立感、開放感は人生100年時代の新たな選択肢となるか

このように高級リタイアメント・コミュニティは、通常のリタイアメント・コミュニティに比べて価格が高額ですが、「人生100年時代」といわれるいま、長い余生を満喫するうえで非常に価値の高い投資になるかもしれません。

特に「海外で老後を過ごしたいが、介護などが必要になったときに施設に入りたくない」という場合は、検討してみてはいかがでしょうか。

文・Allan
国際コンサル企業などの翻訳業務を経て、ファイナンシャルライターに転身。現在は欧州を基盤に、多数の大手金融メディアで執筆活動中。国際経済から投資、資産運用、FinTech、ビジネス、行動経済学まで、広範囲に渡る「お金の情報」にアンテナを張っている
 

>>その他のおすすめ記事
【連載#2】銀座高級クラブのソムリエが教える 大人のワインの選び方
【連載#3】ビジネスパーソンに人気の無料携帯アプリとは?
【連載#4】ビジネスパーソンに人気の無料携帯アプリとは?
住宅購入は増税後これからが本番?見逃せないお得な3つのケースとは
楽天ペイ、PayPay、LINE Pay…スマホ決済、今最も得するサービスはどこ?

関連記事