ライフスタイル
-
2020.7.3

日本で唯一のAudi公認カフェレストランの弁当がデリバリーで登場

自動車メーカーのAudiが日本国内で唯一公認しているカフェ「Audi Cafe」が、お弁当のデリバリーを開始しました。どんな内容なのか、確認してみましょう。

フレンチ出身のシェフが監修するお弁当

Audi Cafeの弁当のデリバリーを開始したのは、法人や団体向けのフードデリバリー事業「くるめし弁当」を運営している日本フードデリバリー。主に法人や団体向けに会議やロケ、イベントなどで多くの弁当が必要になった場合にも対応できるデリバリーサービスです。くるめし弁当では、Audi Cafeの弁当以外でも現在500店舗、1万1,000点以上の弁当をデリバリーしています。

横浜みなとみらいにあるAudiのショールーム内にAudi Cafeの店舗があり、フレンチ出身のシェフがこだわりの料理を監修しています。
 

こちらもおすすめ
ホンダ二輪車の世界生産累計4億台を達成したが国内生産はわずか
2020年度に始動する「デュアルモードビークル」とは

Audi Cafeの弁当は600~1,500円とお手軽価格

Audi Cafe公認となると気になるのが価格です。弁当の種類は15種類あり、そのなかでも大人気のハンバーグにチェダーチーズ、デミグラスソースをトッピングした「デミグラスチーズハンバーグ」は税込600円。肉好きにはたまらないたくさんのメインディッシュに囲まれた逸品の「AudiミートコンボBOX」は税込1,000円。フランス料理のコースを弁当にした「AudiプレミアムフレンチBOX」は税込1,500円と思ったよりもリーズナブルな価格設定です。

ご飯の量は普通盛のほか、大盛100グラム(+100円)も選択できます。Audiのラベルが貼ってある「500mlミネラルウォーター」(税込150円)もあるので一緒に頼むのもいいでしょう。

会議やイベントなどに最適

配達エリアは東京都、神奈川県、千葉県で、配達可能時間は8時半から19時(エリアによって異なる)、注文の締切は前日の17時までとなっています。

なお、送料は9,000円から4万4,000円の注文で配達無料になるため、基本的には会議やイベントなど注文数の多い利用に向いています。最低注文数は1個からで配達無料の金額に達しなくても、金額やエリアによっては別途送料を支払えば配達してくれます。注文は「くるめし弁当」のウェブサイト、もしくは電話で可能。どんな弁当があるのか一度ウェブサイトで確認してみてください。
 

>>その他のおすすめ記事
【連載#2】銀座高級クラブのソムリエが教える 大人のワインの選び方
【連載#3】ビジネスパーソンに人気の無料携帯アプリとは?
【連載#4】ビジネスパーソンに人気の無料携帯アプリとは?
住宅購入は増税後これからが本番?見逃せないお得な3つのケースとは
楽天ペイ、PayPay、LINE Pay…スマホ決済、今最も得するサービスはどこ?

関連記事