ライフスタイル
-
2020.6.23

前年比27%増と急拡大!ドライブレコーダーの売れ筋はこれだ

クルマやバイクへのドライブレコーダーの装着率が高まるなか、前後カメラ搭載や全方向撮影できるモデルも続々と誕生しています。2019年のドライブレコーダー販売動向から見えてくるものとは……。

2019年のドライブレコーダー販売台数は177万台

GfK Japanが、全国のカー用品、家電量販店、インターネット通販など、アフターマーケットにおけるドライブレコーダーの販売実績をもとに販売動向を発表しました。

それによるとドライブレコーダーの2019年の販売台数は177万台と前年比で27%も増え、2015年に比べて3倍近く需要が急増しています。

月別の販売台数を見ると、前年比で8月が1.7倍、9月は2.6倍と急激に伸びています。これは8月に起こった、あおり運転殴打事件に端を発する危険運転の報道が相次いだことに加え、消費増税前のかけこみ需要もあって増加したものだと、GfK Japanでは推測しています。

また高機能、高性能モデルが拡大したことも影響し、平均価格は1万9,100円(税抜)と前年比21%増となりました。
 

こちらもおすすめ
あおり運転対策にもなるバイク専用ドライブレコーダーはもはや必須?
増加する高齢者の事故割合 知っておきたい「ドライブレコーダー特約」とは?

2019年は前後カメラや広角化が進み高機能モデルも好調

ドライブレコーダーの機能としては、2つのカメラがセットになった前後カメラ搭載モデルは、前年比で3.7倍と大幅に増加、数量構成比では30%上昇し全体の48%を占めています。2017年に登場した360度撮影できるモデルの販売も好調で、数量構成比では5%でした。

これらのモデルはクルマの前方だけでなく、車内や後方からの接近、幅寄せするクルマも撮影できるところが支持されているのでしょう。

動画の記録画素数ではフルHD(200万画素相当)以上のカメラを搭載したモデルの販売数が9割を占め、さらに370万画素以上の高精細モデルでは、数量構成比が前年の1%から8%に拡大しています。

夜間撮影機能を搭載したモデルも増えていて、数量構成比では12%アップの87%まで伸びています。高機能、高性能化は今後も続くとみられ、初期モデルを購入したユーザーの買い替え需要も期待できるでしょう。
 

>>その他のおすすめ記事
【連載#2】銀座高級クラブのソムリエが教える 大人のワインの選び方
【連載#3】ビジネスパーソンに人気の無料携帯アプリとは?
【連載#4】ビジネスパーソンに人気の無料携帯アプリとは?
住宅購入は増税後これからが本番?見逃せないお得な3つのケースとは
楽天ペイ、PayPay、LINE Pay…スマホ決済、今最も得するサービスはどこ?