ライフスタイル
-
2020.4.12

新型BMW X6が発売!気になるスペックは?

(写真=BMW AGより)
(写真=BMW AGより)

SUVの中でもメルセデスベンツのGクラス、ポルシェカイエンと並ぶ人気車種がBMWのX6です。2019年12月23日には3代目となる新型X6が発表されましたが、SUVでなく、SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)と呼ばれている、この車の特徴やスペックなどの魅力を紹介します。

ライトアップ機能付きのキドニー・グリルを初採用

SUVにしてはクーペという個性的かつスポーティなデザインで、さらにダイナミックな走りを実現しているのがBMW X6(エックスシックス)です。XシリーズはBMWのなかでもSUVのカテゴリーにあたり、X1(438万円~)、X2(448万円~)、X3(671万円~)、X4(783万円~)、X5(938万円~)、X6(990万円~)、X7(1,099万円~)というラインアップがあります。

なかでもX4とX6だけはクーペスタイルで低重心かつワイドな印象を与えていて、他のモデルとの差別化を図っています。BMWと言えばヘッドライトの縁が光るコロナリングが有名ですが、今回発売された新型X6は、BMWのアイコニックでもあるキドニー・グリルもライトアップするため、夜間走行時には強烈な存在感を与えるでしょう。

BMW X6のモデルは3種類

X6に搭載されるエンジンは2種類あり、BMW X6 xDrive35dは2,992ccのクリーンディーゼルエンジンですが、最上位モデルのBMW X6 M50iはV型8気筒4,394ccのガソリンエンジンを搭載し、最高出力は530ps、0-100km/hの加速は4.3秒とスポーツカーに匹敵し、サーキット走行も可能なハイ・パフォーマンス・モデルです。

すべてのモデルにはBMWが国内認可取得モデルとして初導入した「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載。これは高速道路での渋滞時、周囲の道路交通や車両の状況に応じてすぐにハンドル操作ができる状態では、ハンドルから手を離して走行ができるというもので、ドライバーの運転負荷を軽減し安全にも寄与するもの。ほかにも最新の運転支援システム、コネクテッド・ドライブを標準装備しています。

BMW X6 xDrive35d スペック

全長×全幅×全高(mm):4,945×2,005×1,695

ホイールベース(mm):2,975

車両重量(kg):2,160

定員(名):5

ステアリング:右

エンジン:直列6気筒DOHCディーゼル

総排気量(cc):2,992

最高出力(kW[ps]/rpm):195[265]/4,000

最大トルク(Nm[kgm]/rpm):620[63.2]/2,000-2,500

駆動方式:4輪駆動

トランスミッション:電子油圧制御式8速AT

タイヤ:265/50R19

ホイ-ル:9J×19アロイ

BMW X6 xDrive35d

メーカー希望小売価格:990万円

BMW X6 xDrive35d M Sport

メーカー希望小売価格:1,069万円

BMW X6 M50i

メーカー希望小売価格:1,395万円

>>その他のおすすめ記事
【連載#2】銀座高級クラブのソムリエが教える 大人のワインの選び方
【連載#3】ビジネスパーソンに人気の無料携帯アプリとは?
【連載#4】ビジネスパーソンに人気の無料携帯アプリとは?
住宅購入は増税後これからが本番?見逃せないお得な3つのケースとは
楽天ペイ、PayPay、LINE Pay…スマホ決済、今最も得するサービスはどこ?