ライフスタイル
-
2019.2.27

サービスで選ぶエグゼクティブのカード

(写真=Halfpoint/Shutterstock.com)
(写真=Halfpoint/Shutterstock.com)
クレジットカードには、大きく分けると一般的な「ノーマルカード」とゴールドカード以上の「上級カード」の2つのタイプがあります。ノーマルカードは年会費も低いのですが、サービス内容もそれほど手厚くはありません。

一方で上級カードは年会費が高めに設定されていますが、その分サービスも充実しているのです。ここではサービスも充実している「プラチナカード」について紹介します。どのようなサービスがあるのでしょうか。

プラチナカードのさまざまなサービス例

  • ホテルの部屋のアップグレード可能
  • レストランのコース料理のアップグレード可能
  • ホテル利用料金の割引
  • レストランの利用料金が割引
  • 専用コールセンター(コンシェルジュサービス)あり
  • 会員専門誌の配布
プラチナカードを利用していると、高級ホテルの部屋をワンランクアップグレードしたり、高級レストランのコース料理をワンランク上にしたりできます。また、ホテルやレストランの割引サービスを利用できることもあります。

特定のホテルのスイートルームの利用料金が50%OFFになる、というサービスを実施しているプラチナカードもあります。また、プラチナカードには専用のコールセンター(コンシェルジュサービス)が用意されており、出張時のホテルやレストラン、航空チケットの紹介や手配も行っています。

マイル関連の特典にも注目!

特に航空系クレジットカードでは、フライト時にマイルの特典が実施されているケースが多くなっています。飛行機に搭乗した際、獲得できるマイルの計算式は一般的に「フライトマイル = 区間基本マイル× 運賃種別ごとの積算率」で求めることができます。しかし、割り増しボーナス分のマイルをプレゼントするプラチナカードも存在しており、計算式で表すと「区間基本マイル+割増ボーナス(区間基本マイル×運賃種別ごとの積算率×50%)」と、よりお得にマイルが獲得できることになります。ここでいう「運賃種別ごとの積算率」とは、搭乗するクラスによって50%~150%などの範囲が定められている料率を指します。

また、入会時や毎年の継続時に10,000マイルをもらえたり、お買い物時の還元率が通常は1%程度のカードが多いなか、1.5%をもらえたりするプラチナカードもあります。このように、プラチナカードはノーマルカードに比べ、マイルを獲得しやすくなっているので、海外旅行や出張をする機会が多い方は必見です。

旅行系特典も充実

プラチナカードの多くは空港ラウンジの利用が可能となっています。基本的なサービスとして、国内の主要空港のラウンジ利用が無料になります。ラウンジはゆったりとした空間になっており、飲み物や軽食のサービスも利用できるようになっています。

プライオリティ・パスの申し込みが無料でできるのもプラチナカードの強みです。プライオリティ・パスは世界の空港のラウンジが利用できる会員制のサービスです。世界900以上の空港ラウンジが利用できるので、世界を飛び回っているという方にはうれしいサービスでしょう。

旅行保険が充実しているところも見逃せません。仮に海外旅行先でケガなどをして医療機関にかかると数百万円の費用が請求されることもあります。しかし、プラチナカードであれば、高額な旅行保険が付帯しているので安心です。最高補償額を1億円としているプラチナカードが多いため、仮に海外で何かしらのことがあったとしても十分にカバーできます。

特にマイル特典が素晴らしいプラチナカード

上記に加えてプラチナカードには「マイル」のサービスが充実しています。マイルは特典航空券とも交換でき、商品や電子マネーとの交換も可能です。海外渡航が多いという方は、プラチナカードを持っているとフライトボーナス特典によって特にマイルが貯まりやすくなります。1枚は取得して、お得な海外旅行を楽しんでみませんか。
 

【おすすめ記事】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
元FBI交渉人が伝授「相手の心を動かすビジネス交渉術」
プラチナカードの審査の仕組みとは

NEXT 「今年限りの10連休」GWは海外・国内旅行でお得感&「好き」を楽しもう PREV プラチナカードの審査の仕組みとは