ライフスタイル
-
2019.10.24

「ランチ時間帯のクレジットカードお断り」がルール違反になるのか?

(写真=EM Karuna/Shutterstock.com)
(写真=EM Karuna/Shutterstock.com)
外出先で昼食を終えてカードで決済しようと思ったら、「ランチ時間帯は現金でのお支払いをお願いします」の貼り紙や指摘があった。店の入口にはカード会社のロゴが貼ってあったのに……。ビジネスパーソンならば一度はこのような経験をしたこともあることでしょう。一体このようなシチュエーションに出くわした場合は、どのように対応したら良いのでしょうか。

カードの規約に「違反」しているのか?

カードの規約とは、クレジットカード決済を導入している加盟店とカード会社との間で交わされる規約のことを指します。加盟店規約などと呼ばれ、違反した店舗はカード会社から指導を受けたり、最悪の場合は、契約解除されたりすることもあります。

多くのカード会社は、加盟店規約に「差別的取り扱いの禁止」という条項を設けています。アメリカン・エキスプレスの例を挙げると、「カード会員にカードの使用を控えさせようとすること」「カード会員に対し、その他の支払手段または他の支払方法(例えば現金払い)を使用するように説得しようとしたり、促したりすること」「カード会員に、追加料金を請求したり、価格を上乗せしたりすること」などがその文言です。

またJCBも、ホームページ上で「加盟店との契約で、カード取り扱いの金額・時間帯に制限を設けることは禁止されております」と言明しています。

つまり本来クレジットカード決済が可能であるにもかかわらず、ランチ時間帯に限って使用不可能としたり、料金に決済手数料を上乗せしたりすることは、基本的に加盟店規約に違反している可能性が高いと考えられるでしょう。

なぜ「クレジットカードお断り」をするのか

なぜ一部の飲食店は、カード会社から契約解除されるリスクを負ってまで、ランチ時間帯のクレジットカード利用を禁止するのでしょうか。ヒントは両者のビジネスモデルにあります。

クレジットカード決済の売り上げは、カード会社が加盟店に立て替え払いをしますが、このとき数%の手数料が差し引かれます。加盟店にとってこの手数料は、とりたての代行や現金の持ち合わせがない人に消費をうながすことなどへの対価というわけです。

飲食店側の事情も見てみましょう。ランチ時間帯は、ディナー時間帯と比べて、どうしても客単価が低くなります。ランチ帯ですと通常の注文は800円~1,000くらいで一品のみということが多いです。利益率が高いアルコール飲料を頼む人はあまりいません。ランチ営業は、ディナー営業に向けた集客のために行っているというところが多いはずです。

ただでさえ利益率が低いランチメニューから、さらにクレジットカード決済の手数料まで引かれたら、利益に繋がりにくい。これがランチ時間帯のクレジットカード利用禁止をうたう飲食店の事情だと考えられます。

「クレジットカードお断り」と言われた際の対処法

では、実際に手持ちが少なく、クレジットカードを使用した際に、そのように指摘があった場合どうするのが良いのでしょうか。加盟店であれば、クレジットカード決済を希望していることを伝える分には問題ないはずなので、「手持ちがなくて」とお願いするのも一つの手です。

その際、店舗の対応としては、次のようなパターンが考えられます。

「素直に応じる」「店長に相談する」「『何とか現金でお願いします』と断られる」。

もしどうしても応じてもらえない場合は、多少面倒ではありますが、近場のATMを教えてもらう、コンビニの場所を伺うなどして再度支払いに行くのが無難です。

また最近ですと、キャッシュレス決済などが普及している店舗も多くなっているので、別の決済方法が可能か尋ねてみても良いでしょう。
 

こちらもおすすめ
海外FinTech企業が再編する金融3.0の世界
いまさら聞けないキャッシュレスサービスまとめ

ルール違反には「大人の対応」を

ランチの時間帯だけクレジットカードの利用を断ったり、決済手数料を上乗せしたりすることは、多くのカード会社の規約に違反している可能性があります。悪質な場合は、カード会社に相談するというのも加味しても良いでしょう。ただし、カード利用を断る理由には、利益面だけではない側面も考えられます。例えば、カード決済は現金支払いよりも時間がかかることもあり、混雑時のランチ帯の現場工数削減、会計が混まないように、という配慮の面で断っているケースもあるためです。店舗側の事情を察して飲み込む優しさをとるにしても、ルール違反を毅然と指摘する公共心をとるにしても、店舗側の意図に配慮し「大人の対応」をとるのがベターです。
 

>>その他のおすすめ記事
50代男性が始めておきたい、素敵な休日を過ごすための趣味5選
気分はまるでリアル海底2万マイル!次の旅行は潜水艦ツアーで行こう
東京から成田空港までを21分で移動!「ヘリコプターチャーター」という選択肢
満員電車と遅延を避けて快適な通勤をするためのサービス4つ
世界の「企業経営者の愛車5選」 バフェットが愛した日本車とは?

NEXT コツを知れば雰囲気美人!参考にしたいCAさんのヘアスタイル PREV 奇跡のアラフィフ!50代モテ女性の特徴とは?

関連記事