ライフスタイル
-
2019.10.13

便利な外貨両替サービスは国内にたくさんあった!

(写真=Africa Studio/Shutterstock.com)
(写真=Africa Studio/Shutterstock.com)
海外旅行に行く際には、日本円から渡航先で使用できる外貨に両替を行います。この外貨両替サービスは金融機関や旅行代理店、外貨両替専門店などさまざまな機関で行っていますが、便利で使いやすいサービスはどれなのでしょうか。ここでは、国内の外貨両替サービスをご紹介します。

使いやすい外貨宅配サービス

銀行や両替所に出向くことなく、自宅で外貨が受け取れる便利なサービスが外貨宅配サービスです。事前に申し込んでおけば、旅行前、出張前に自宅で外貨が受け取れます。忙しい日々の合間を縫って外貨両替を行わなければならない方は、こちらを利用してみましょう。

申し込みはインターネットや電話から行えます。両替された外貨は、書留郵便などで送られてきます。自宅よりも職場のほうが受け取りやすいという方は、職場で受け取ることも可能です。

三井住友銀行、ゆうちょ銀行などのほか、トラベレックス、GPAなどの外貨両替専門店でも宅配サービスを行っています。

外貨宅配サービスの特徴

・インターネットや電話で簡単に両替を申し込める
・両替した外貨は自宅や勤務先でも受け取れる
・30種以上の外貨と両替できる
・外貨のレートもインターネット上で簡単に確認できる
・24時間申し込める
・送料がかかる

イオンモールの手軽な外貨両替機

海外旅行や出張から帰ってきた後、手元に残った外貨を日本円に両替したい時には、イオンモールにある外貨両替機が便利です。買い物のついでに外貨両替を行えます。

イオンモールの外貨両替機では、アメリカドル、中国元、韓国ウォン、ユーロ、香港ドル、台湾ドル、タイバーツの7通貨を日本円に両替できます。

設置されているのはイオンモール常滑、イオンモール幕張新都心、イオンモール成田、イオンレイクタウン、イオンモール沖縄ライカムの5店舗です(2019年3月現在)。

イオンモールの外貨両替機の特徴

・イオンモールに立ち寄ったついでに外貨を日本円に両替できる
・1回の両替で日本円換算約10万円まで
・両替できる時間は9:00~22:00(店舗によって異なる)
・両替機の画面操作が簡単
・短時間で両替可能
・申込書類などを必要としない

銀行の外貨両替

銀行では、銀行窓口のほか空港内の外貨両替ショップやATMで外貨の両替を取り扱っています。利用している銀行で円から外貨、外貨から円に両替したい場合には、どこで両替できるのか銀行に直接問い合わせるとよいでしょう。

銀行の外貨両替の特徴

・初めての外貨両替でも窓口対応で安心
・両替できる時間は店舗の営業時間内に限られる
・口座のない銀行では本人確認書類を求められることがある
・紙幣1枚から取り扱う銀行もあれば、パック販売のみの銀行もある
・外貨両替専門店などに比べ、取り扱い外貨が少ない傾向にある

両替レート(手数料)の確認方法

手数料をなるべく抑えたいのであれば、外貨両替の前に各サービスの両替レートをチェックしましょう。外貨両替では、為替レートと両替レートの差額がサービス側の手数料となります。例えば、アメリカドルの為替レートが1ドル105円で両替レートが1ドル110円だった場合、1ドルあたり5円が両替にかかる手数料となります。
 

こちらもおすすめ
海外FinTech企業が再編する金融3.0の世界
旅を楽しむために知っておきたい世界の通貨事情

宅配サービス、両替機、銀行窓口それぞれの特徴を踏まえて使い分けよう

インターネットから24時間いつでも申し込め、自宅で外貨が受け取れる外貨宅配サービスは、忙しいビジネスパーソンにおすすめのサービスです。海外に足を運ぶことが多い人はぜひ活用しましょう。帰国後、少し手元に残ってしまった外貨を円に両替したい時には、両替機を活用すると便利です。イオン銀行以外にも両替機を設置している銀行は多々あります。

今の自分にとって利用しやすい方法を探し、その時々の状況に合わせて外貨両替サービスを活用しましょう。
 

>>その他のおすすめ記事
50代男性が始めておきたい、素敵な休日を過ごすための趣味5選
気分はまるでリアル海底2万マイル!次の旅行は潜水艦ツアーで行こう
東京から成田空港までを21分で移動!「ヘリコプターチャーター」という選択肢
満員電車と遅延を避けて快適な通勤をするためのサービス4つ
世界の「企業経営者の愛車5選」 バフェットが愛した日本車とは?

NEXT ヨーロッパの王侯貴族にも愛された、グランサンクのジュエリーたち PREV 幻の魚「石鯛」を釣りに海に行こう!必要な道具や釣り方は?