ライフスタイル
-
2019.10.6

憧れの海沿いの家をゲットしよう!湘南の高級住宅

(写真=alexandre zveiger/Shutterstock.com)
(写真=alexandre zveiger/Shutterstock.com)
職場から少し遠くとも、自然豊かで魅力の多い郊外に住居を構える人も多くいます。余暇を郊外でのんびり過ごすために、美しい海が望める湘南にセカンドハウスや別荘を持つ人もいます。ここでは、湘南エリアでおすすめの土地と住宅をご紹介します。

湘南はどのあたり?

湘南エリアは、神奈川県の相模湾沿岸にあります。「ここからここまでが湘南」という明確な線引きはなく、神奈川県の海沿いの地域の中でも、逗子市から大磯町あたりまでが湘南エリアといわれています。なかでも、高級別荘地として名高いのが、三浦半島の西側に位置する葉山エリアです。

湘南の市街地から離れた葉山エリアは自然が豊か。海だけでなく緑も多く、アウトドアやマリンスポーツを趣味としている人にもおすすめです。

落ち着いた雰囲気で、古き良き日本の景観が残る鎌倉も湘南エリアにあります。神社仏閣や歴史が好きな人は、鎌倉に家を持ち、休日に散策がてら歴史的な建築物などを訪れてみてはいかがでしょうか。鎌倉駅周辺の住宅を購入すれば、都内への通勤も片道1時間程度です。

現役世代は別荘として、退職後には本宅として

湘南から毎日1時間かけて通勤をするのは大変という場合には、週末だけ使用するセカンドハウスとして、あるいは気が向いたときに利用する別荘として住宅を購入するのも一案です。退職後には本宅として利用できます。拠点を2つ持つことで、都会と自然、どちらのメリットも享受できます。

おすすめの高級住宅

美しい景色と海が見える住宅をエリア別にご紹介します。

葉山――1億円前後のリゾートマンション

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
高級別荘地の葉山には、海が見える物件が数多くあります。道路を挟んだすぐそばに海が迫るリゾートマンション「コンドミニアム・ザ・葉山」は、1LDKが約1億2,000万円で売り出されています。2002年築で、マンションの敷地内には大きなプールもあり、オーシャンビューのジャグジーも完備されています。占有面積は100平方メートル以上あり、広々とした空間が確保されているのもこのリゾートマンションの特長です。

葉山エリアでは、海が見える中古の戸建物件も売り出されています。1億円以下で買えるものも少なくありません。セカンドハウスや別荘として購入しておけば、使わない期間は民泊として活用することもできます。

新築住宅をこれから建てたいのであれば、葉山の丘の上にある土地がおすすめです。海を望める注文住宅が建てられるでしょう。

江ノ島――5,000万円前後のセカンドハウス

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
湘南の海沿いを走る江ノ電(江ノ島電鉄)や、江の島へと続く弁天橋など、数多くの観光スポットがある江ノ島エリアには、葉山よりも手頃な価格で購入できる物件が多くあります。

2017年築のマンション「ヴェレーナ湘南江ノ島」は、3LDKが約5,000万円で購入できます。バルコニーや共用部からのオーシャンビューに加え、立地もよく暮らしやすい物件です。

江ノ島エリアなら、海のそばにある戸建も5,000万円ほどで購入できます。観光客が多く行き交う江ノ島周辺は豊かな自然に加えて程よく都会的な雰囲気もあり、セカンドハウスにちょうどよいエリアといえるでしょう。

大磯――家賃10万円弱のガレージハウス

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
手軽にマリンスポーツを楽しみたいのなら、単身でも利用しやすく、海のすぐそばにあるガレージハウスやお手頃なマンションもおすすめです。

2019年8月現在建設中で、9月末完成予定の賃貸ガレージハウス「オーシャンリトリート大磯」は、大磯海水浴場まで徒歩4分という好立地ながら、家賃は9万7,000円からと手頃です。1階はガレージで2階がロフト付きの居住スペースとなっています。このガレージハウスなら、車にサーフボートを積んで気軽に湘南ライフを楽しめます。

西湘バイパスに近く、旧吉田茂邸、大磯城山公園など緑豊かなスポットも徒歩圏内にあるマンション「クリオ大磯弐番館」は2,000万円以下で購入できます。3LDKでファミリー向けの物件ではありますが、コンビニエンスストアも近く、趣味を楽しむためのセカンドハウスにもおすすめです。
 

こちらもおすすめ
富裕層が好む東京都内の高級住宅街
ニューリッチは「こだわりの戸建て」?高級住宅購入時の注意点

海の見える家で過ごす時間が充実をもたらす

水辺にはストレス軽減効果があるといいます。海に関連する趣味を持っていなくとも、大洋を眺め、波の音を聞くだけでもリラックスした時間を過ごせます。働き盛りの時にはセカンドハウス・別荘として、仕事を引退した後は本宅として利用できる、海の見える物件を探してみましょう。
 

>>その他のおすすめ記事
今からでも間に合う?東京オリンピックのチケットを入手する方法
気分はまるでリアル海底2万マイル!次の旅行は潜水艦ツアーで行こう
東京から成田空港までを21分で移動!「ヘリコプターチャーター」という選択肢
満員電車と遅延を避けて快適な通勤をするためのサービス4つ
世界の「企業経営者の愛車5選」 バフェットが愛した日本車とは?

関連記事