ライフスタイル
-
2019.8.7

無料Wi-Fiがあるチェーン飲食店6選【保存版】

(写真=Grand Warszawski/Shutterstock.com)
(写真=Grand Warszawski/Shutterstock.com)
最近はモバイルワークが普及し、カフェなどで仕事をする人も増えています。そうしたときに気になるのが店内のネット環境です。日本は先進国の中でも公衆で使える無料Wi-Fiが少ないといわれていますが、近年は全国展開するチェーン店などで徐々にWi-Fi環境が整備されつつあります。そこで今回は、カフェやバーなどで手軽に使える無料Wi-Fiサービスをご紹介します。

カフェ・コーヒーショップ

立地が良く、移動中にも使いやすいチェーン系のカフェやコーヒーショップでは、無料Wi-Fiが簡単に使えるところが増えています。

スターバックス

(写真=photobyphotoboy/Shutterstock.com)
(写真=photobyphotoboy/Shutterstock.com)
駅ビルや繁華街から郊外の店まで、さまざまなロケーションにあって多くのお客さんでにぎわう大手コーヒーショップです。

・利用方法
ステップ1:スマートフォンやパソコンなど利用端末のWi-Fi設定からSSID (at_STARBUCKS_Wi2) に接続して、ブラウザを起動します。
ステップ2:ログイン画面の「インターネットに接続」をクリックして、利用規約に同意するとインターネットへ接続できます。

・注意点
利用登録は不要ですが、使用時間は1回のログインで1時間までとなっています。

タリーズコーヒー

(写真=Tupungato/Shutterstock.com)
(写真=Tupungato/Shutterstock.com)
シアトル系コーヒーショップと呼ばれるチェーンの一つで、ショッピングモールや商店街など、入りやすい場所にあります。エスプレッソベースのアレンジコーヒーをおしゃれな空間で味わえます。

・利用方法
ステップ1:Wi-Fi設定画面からSSID(tullys_Wi-Fi)を選択します。
ステップ2:ブラウザを起動後、ログイン画面の「インターネットに接続」をクリックします。
ステップ3:利用規約に同意すると、インターネットに接続できます。

・注意点
利用登録は不要です。

喫茶室ルノアール

(写真=stockphoto for you/Shutterstock.com)
(写真=stockphoto for you/Shutterstock.com)
関東地区に展開する老舗の喫茶店で、こだわりのネルドリップコーヒーが味わえます。ビジネスでの利用が多く、大正ロマンをイメージした内装でリッチな気分に浸ることができます。

・利用方法
ステップ1:Wi-Fi設定画面からSSID(Renoir_Miyama_Wi-Fi)を選択します。
ステップ2:ブラウザを起動後、ログイン画面の「インターネットに接続」をクリックします。
ステップ3:利用規約に同意すると、インターネットに接続できます。

・注意点
1日3時間まで無料です。

コメダ珈琲店

(写真=PixHound/Shutterstock.com)
(写真=PixHound/Shutterstock.com)
モーニングサービスで有名な名古屋発祥の喫茶店です。午前中はコーヒーにトーストとゆで卵が付いてくるセットや、名古屋名物おぐらあんのトースト、看板メニューのシロノワールが人気です。

・利用方法
ステップ1:Wi-Fi設定画面からSSID(Komeda_Wi-Fi)を選択します。
ステップ2:ブラウザを起動後、ログイン画面の「インターネットに接続」をクリックします。
ステップ3:(初回接続時のみ)利用規約への同意、メールアドレスによる利用登録を行ってください。
ステップ4:セキュリティ警告に同意すると、インターネットに接続できます。

・注意点
1日の利用回数は無制限です。

プロント

(写真=pio3/Shutterstock.com)
(写真=pio3/Shutterstock.com)
イタリアのバールやフランスのカフェをイメージしたショップで、カフェドリンク以外にアルコールやフードメニューが充実しているのが特徴です。

・利用方法
ステップ1:Wi-Fi設定画面からSSID(PRONTO_FREE_Wi-Fi)を選択します。
ステップ2:ブラウザを起動後、「利用登録」から「(利用規約に)同意する」をクリックし、「(メールアドレスを入力後)確認」を行って登録してください。
ステップ3:セキュリティレベルの「同意」をクリックすると、インターネットに接続できます。

・注意点
1回30分間、1日の利用回数は3回までです。同じ端末なら2回目以降のメールアドレス入力や利用規約の同意は省略されます。

バー

お酒が飲めるバーでも、Wi-Fiを利用できる店舗があります。

HUB

(写真=Morumotto/Shutterstock.com)
(写真=Morumotto/Shutterstock.com)
全国主要都市にある英国風パブの一大チェーン店です。国内外の多彩な生ビールやウイスキー、カクテル類が充実している一方、イギリス名物のフィッシュ・アンド・チップスなど、フードメニューも人気です。

・利用方法
ステップ1:Wi-Fi設定画面からSSID(HUB Wi-Fi)を選択します。
ステップ2:レシートに印字されているパスワードを入力します。
ステップ3:「(利用規約に)同意する(Accept)」のボタンをクリックすると、インターネットに接続できます。

・注意点
利用登録不要、無料で利用できます。

無料Wi-Fiはセキュリティに要注意

コーヒーや食事を楽しみながら、インターネットを無料で使えるのはとても便利なサービスです。しかし、飲食店の提供する無料Wi-Fiはセキュリティレベルが高くない場合もあり、外部から情報を盗み見されたり、データを勝手に取り出されてしまったりするリスクがあります。

仕事やプライベートで大切なデータをやりとりする場合は、セキュリティ保護されたSSL通信を使うことをおすすめします。

仕事に遊びに無料Wi-Fiのあるチェーン店で快適にネット接続しよう

このように、全国展開している主なチェーンの飲食店では、無料Wi-Fiが使えるところが多くあります。3ステップ程度で登録不要のまますぐに利用できるWi-Fiも多いので、出先でパケット節約しながら利用するにはとても便利です。

ただし、大半の無料Wi-Fiはセキュリティ保護の観点から見ると、大事なデータのやりとりをするには不安が残ります。接続先の安全性を確かめながら、上手に活用していきましょう。
 

【おすすめ記事】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは

NEXT 花のサブスクリプションで華のある部屋に PREV 何個知ってる?iPhone長押し裏技6つ

関連記事