ライフスタイル
-
2019.6.19

健康的な趣味としてもおすすめ!乗馬の基礎知識

(写真=Fotokostic/Shutterstock.com)
(写真=Fotokostic/Shutterstock.com)
さっそうと風を切りながら馬に乗って走る乗馬は、健康的な趣味としておすすめです。乗馬クラブに所属すれば、馬と触れ合うのが初めての人でも丁寧に乗馬のコツを教えてもらえます。上達後は、馬に乗って海や山に行ける乗馬クラブもあるので魅力的です。そこで、今回は健康的な趣味の一つとして考えたい乗馬の基礎知識や魅力を解説します。

乗馬の基礎知識

乗馬のスタイルには、大きく分けて「ブリティッシュスタイル」と「ウエスタンスタイル」の2つがあります。ブリティッシュスタイルは、ヨーロッパの貴族で採用されていたスタイルです。馬を美しく、的確に運動させることを大切にしています。一方、ウエスタンスタイルはアメリカのカウボーイが起源です。

乗馬を趣味にするためには、何をすればいいの?

まずは、体験乗馬から始めてみましょう。体験を通して、インストラクターとの相性や、施設の状況、馬の様子なども知ることができます。乗馬クラブによっては、手ぶらでの乗馬体験が可能です。乗馬の際には、馬への接し方や乗り方はもちろん、褒め方や合図の出し方など、細かく教えてもらえます。1971年創業の乗馬クラブ「クレイン」では、30分2,360円から「はじめての乗馬体験」が可能です。

また、同クラブでは50歳以上限定で、「50歳からの健康乗馬」を開催しています。こちらは、応募形式かつ先着順です。ほかにも、履歴書にも記入できる資格「乗馬ライセンス」などの取得を目指すコースなどもあります。乗馬ライセンスは1~5級まであり、5級は比較的簡単に取得できるので、乗馬に慣れてきたらぜひチャレンジしてみましょう。

乗馬を趣味にするメリット

乗馬は、「決められたコース内を走る」というイメージがあるかもしれません。ところが、乗馬クラブによっては、さまざまな場所で乗馬を楽しむことができます。たとえば、三浦海岸にある「ホーストレッキングファーム三浦海岸」の海馬(うみうま)コースでは、馬と共に海に入ることが可能です。馬の尻尾につかまって泳ぐなどの貴重な体験ができます。(休日90分:初心者2万7,000円・経験者2万4,000円)

大自然の中で乗馬を行う、ホーストレッキングを行っている施設もあります。東京都西多摩郡日の出町にある「ゴクウホースビレッジ」は、映画やテレビで活躍する撮影馬に乗れるクラブです。こちらでは、トレッキングコース(1万5,000円~2万円)やレッスンが付いた森林浴コース(1万1,000円)などがあります。

ただし、ホーストレッキングを行えるのは、こちらの施設で1度レッスンを受けた方、かつ施設側が安全にホーストレッキングを行えると判断された方のみです。トレッキングコースでは、馬に乗って山に登り、スカイツリーが眺められる展望台まで行きます。森林浴コースは、林道を馬に乗ってゆっくりと進むコースです。

また、時代劇のように一本道を駆け抜ける、林道爆走コース(1万1,000円~)もあります。「時代劇の主役のように、馬で風を切って駆け抜けてみたい」という夢を持っている方にはうってつけです。乗馬は、さまざまな形で馬と信頼関係を築きながら自然を満喫することができ、なおかつ体幹も鍛えられる健康的なスポーツといえるでしょう。

また、「ホースセラピー」と呼ばれる療法があるように、馬に触れて癒やされることで精神の安定などが期待できます。乗馬クラブによっては、季節ごとのイベントも実施しているので、人との交流も育むことができるでしょう。

健康的な趣味を増やして、毎日を楽しもう

「乗馬」は一見、難しい習い事のようなイメージがあるかもしれません。もちろん、競技に出場する場合は、大変な練習を積むことが必要でしょう。しかし、趣味で始めるのであれば基礎をしっかり身につけ、上手に乗りこなすだけで十分楽しめます。馬に癒やされながらの健康的な運動で、心身ともに日々のストレスを解消してみてはいかがでしょうか。
 

【おすすめ記事】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは

NEXT オペラをスマートに楽しもう!今さら聞けないオペラ鑑賞のマナー PREV 海外セレブ注目の「時短筋トレ」HIITとは何か?

関連記事