投資・資産運用
-
2019.5.20

「トレードの心理学」失敗する人、成功する人の違いとは?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
短期的な株の値動きを利用することで利益を得る行為は「トレード」と呼ばれている。例えば、株の値動きの大きさに目をつけて、1日のうちで株を売買して差益を得るデイトレードや、数日間株を保有して株の流れを利用して利益を得ようとするスイングトレードなどがその代表的なものである。

トレードで成功するには、一般的には株価チャートと呼ばれるグラフを読む技術を高めることに焦点が当てられることが多い。しかし、より重要なものがトレード時の心理状態を把握しコントロールすることである。心理コントロールができるか否かにより成績が格段に異なってくるのである。

トレードの心理学の権威であるタープ博士の理論をもとにトレードの心理学について考察していく。なお、本記事では『マーケットの魔術師 ジャック・D・シュワッガー著 (パンローリング社)』を参考にしたが、多くの億トレーダーが必読書として推す書籍である。参考にしていただけると幸いだ。

「ポジティブ過ぎてもダメ」だが「ネガティブはもっとダメ」

トレードの世界においてポジティブ過ぎる思考は、資産を減らしてしまう一つの要因となる。

例えば、買った株式が下がり始めたときに「どうせもどってくるだろう」とか「買い増し(ナンピン)して株価が戻ったら売ろう」という安易な決断を下してしまう新米トレーダーは非常に多い。ポジティブ過ぎる取引はリスク管理を軽視することにつながり、やり手のトレーダーが口をそろえてNGを出す。

では、相場に対して悲観的(ネガティブ)であることはどうか。タープ博士によると、ネガティブなトレーダーには次の特徴があるのだという。
  1. 常に非常に強い緊張感を持つ
  2. 悲観的な人生観を持つ
  3. 心の中にたくさんの矛盾を持つ
こうしてみるとネガティブなトレーダーのネガティブな面は、人間の感情的な負の部分に通じていることがわかる。おそらくこうした特徴を持ったトレーダーは他分野の仕事でも成功することができないかもしれない。

ネガティブな思考は常に人間に不安を生じさせ、無意識のうちに人の心の中に「できない」という言葉を生じさせてしまう(いわゆるメンタルブロックの状態)トレードにおいてはネガティブな状態でいることが最も悪なのである。

成功したトレーダーが持つ「3つの信念」

多くの成功したトレーダーたちは「お金がすべてだ」と考えていただろうか。もし彼らがそう考えていたとしたら、トレードで成功することはなかったはずだ。

成功したトレーダーたちは一般に次のような信念をもって相場に挑んでいる。
  1. お金がすべてではない
  2. トレードはゲームである
  3. 相場で損しても気にしない
トレードに対し、上記のような信念を持つことで、持ち株に生じた損を早めに確定させること、そして持ち株に生じた利益をできるだけ伸ばすことができるようになる。

もし、あるトレーダーがお金は大事でありトレードは生計をたてるための手段として生じた損失をいちいち気にしていたなら、損失を早めに切る「損切」などが実行できなくなる。利益が出た場合にも、その利益をできるだけ逃したくないと考え、早めに確定させてしまうことだろう。いわゆる典型的な負けトレーダーの行動につながっていく。

トレードにおいては損を小さく、利益を大きくすることで「トータルで勝つこと」が大事になる。成功したトレーダーたちと似たような信念をもって取引を行うことが勝てるトレーダーへの第一歩なのだ。

メンタルストラテジーの重要性

トレードで成功するには、最も効果的な売買ストラテジーが必要となる。それはチャートパターンから生じる売買のタイミングであったり、コンピュータがはじき出したこれから上昇する株式の銘柄だったりする。ただ、タープ博士に言わせると、これらの売買ストラテジーはメンタルストラテジーがうまくいっている状態でないと、その効果が発揮出来ないのだという。

次の2つのメンタルストラテジーをみてみよう。
  1. あるシグナルを見かける → よく見かけるものだと考える → シグナルを使うと悪い結果になると考える → うまくいかないと思う
  2. あるシグナルを見かける → よく見かけるものだと考える → うまくいくと思う
1の場合、シグナルがどんなに効果的なものでも、メンタル面でのブロックがあるため、それを効果的に利用することはできないだろう。トレードにおいては瞬時の判断で、売買するかどうかを自分で決定する。そのため1のメンタルストラテジーにおいては、トレードにおける随所の判断に狂いが生じてしまう。一瞬の迷いが、銘柄の買い逃しにつながったり、不安でパニック売りしてしまったりとトレードにおける負けパターンへとつながっていくのである。

一方で、2の場合、トレードにおいてうまくいく場合が多いことは容易に想像がつくはず。先ほどとは逆になり、随所の判断において自信をもってシグナルを使うことができるはずだ。

タープ博士によると、単純な売買のためのストラテジーより、メンタルのストラテジーの方が利益に与える影響は大きいのだという。

「心理状態が重要」はどの競技でもおなじ

良くスポーツなどで、最後はメンタルで差がついたという話を聞く。技術が本当に同程度の場合には、最後で場面を押し切る心の持ちようが必要となるのだ。トレードはスポーツではないが、人間が行う以上、深く心理状態がかかわっていることは間違いがない。これからトレードを始めようという人は、この点を踏まえてほしい。

文・谷山歩(投資・経済コラムニスト)/ZUU online
 

【おすすめ記事】
保険の営業員が「嫌がる質問」とは?
約7割の人が知らないお得な制度とは?
保険に詳しいFPが教える「入るべきじゃない」保険
へそくりより「数倍お得」な資産の築き方
富裕層はどんな資産運用をしている?最新トレンドはITサービスの利用

NEXT 株初心者のIPO投資「高確率で勝つ」ための4つポイント PREV 投資でよくオススメされる「ドルコスト平均法」 本当に有効な投資法なの?

関連記事