投資・資産運用
-
2019.4.26

高級ディナーをお得に満喫「セレブ株主優待」3選

(写真=Aleksandar Milutinovic/Shutterstock.com)
(写真=Aleksandar Milutinovic/Shutterstock.com)
あこがれの高級ディナーに行きたくても、値段が高すぎて二の足を踏むこともあるでしょう。ですが、株主となることで、リーズナブルに食事ができる可能性があります。株主になると株主優待を利用できるからです。どのようなレストランが、どのような株主優待を実施しているのでしょうか。

レストランひらまつ

レストランひらまつは、1982年に東京西麻布に開店した「ひらまつ亭」に始まり、現在では丸の内や六本木、表参道など東京のほか、大阪、福岡、名古屋、沖縄、フランスなど国内外に店舗があります。料理のジャンルは、フランス料理、イタリア料理、和食、カフェなどさまざまです。レストランひらまつの中でも、パリにある「レストランひらまつパリ」は、2002年にフランスのホテル・レストランガイドのミシュランで一ツ星を獲得しています。

また、店舗によっては個室だけでなく、子ども用のメニューや椅子などが用意されているため、子連れでも利用しやすいでしょう。東京丸の内店では月に1度、「お子様ウェルカムデー」も開催されています。レストランひらまつを経営している株式会社ひらまつ<2764>は、東証1部に上場しており、2019年3月時点で株価は350円前後です。

100株以上保有していると飲食代や宿泊代が10%割引、500株以上保有していると20%割引される優待カードがもらえます。さらに、100株以上保有していると、株主のみが参加できる特別な食事会「株主様フェア」に特別価格で同伴者と一緒に参加可能です。

XEX(ゼックス)グループ

XEX(ゼックス)グループは、1987年に東京六本木に開店した「XEX CLUB HOUSE」に始まり、2019年3月時点では都内5ヵ所に店舗があります。各店舗の中にバーや寿司、天ぷら、鉄板焼き、イタリアンなどがそれぞれに用意されており、一流の料理人をそろえているのが特徴です。「XEX ATAGO GREEN HILLS」の中にあるイタリアンのシェフである小木曽浩和氏は、2009年にミシュランで一ツ星を獲得した実績があります。

また、店舗によっては時間や曜日に応じて年齢制限があるため、大人だけで静かな時間を楽しめるでしょう。XEXグループを経営している株式会社ワイズテーブルコーポレーション<2798>は、東証2部に上場しており、2019年3月時点で株価は2,500円前後です。100株以上保有していると5,000円分の株主優待券が発行され、株主優待券は店舗で利用したり特別ギフトと引き換えたりすることができます。

特別ギフトには、すき焼きやステーキ用の肉、アイスクリームなどさまざまです。100株以上の株を3年以上保有していると会員証が発行され、店舗利用時に10%割引されます。株式会社ワイズテーブルコーポレーションは、XEXグループだけでなく、宅配も行っている「SALVATORE CUOMO」や「伊太利亜酒場BAR」、「餃子と炙りこけこっこ」など全国に93店舗(2018年5月現在)展開しています。それらの店舗でも株主優待券や会員証を利用可能です。

ツカダ・グローバルホールディング

株式会社ツカダ・グローバルホールディング<2418>は、ホテルインターコンチネンタル東京ベイなどのホテルやウェディング事業、レストランを経営している会社です。ホテル内のレストランをはじめ、コンセプトを決めて都内を中心に直営で6店のレストランを経営しています。レストランには、東京表参道のセントグレース大聖堂を臨む「VINO BUONO」や、ニューヨークをイメージした「ザストリングス表参道」などがあり、海外の雰囲気を楽しめるのが特徴です。

株式会社ツカダ・グローバルホールディングは、東証1部に上場しており、2019年3月時点の株価は600円前後です。100株以上保有していると、レストランまたはホテルで利用できる優待券と500円分のクオカードがもらえます。優待券をレストランで利用する場合は、30%割引されるなどの優待が受けられることが魅力です。高級店でも株主優待を実施しているお店は多数あります。

「行ってみたいお店が株式を発行していないか」「株主優待を行っていないか」などを確認してみると、リーズナブルに利用できる可能性があるでしょう。また、高級店以外でも、株式会社吉野家ホールディングス<9861>や、株式会社すかいらーくホールディングス<3197>、日本マクドナルド<2702>など株主優待を行っている飲食店は数多くあります。普段からよく行く飲食店の株主優待を調べてみるとお得に利用できるかもしれませんね。
 

【おすすめ記事】
保険の営業員が「嫌がる質問」とは?
約7割の人が知らないお得な制度とは?
保険に詳しいFPが教える「入るべきじゃない」保険
へそくりより「数倍お得」な資産の築き方
富裕層はどんな資産運用をしている?最新トレンドはITサービスの利用

NEXT 富裕層の資産運用マインド「資産は減らさず、利益から使う」 PREV 「ほったらかし運用」高年収パワーカップルこそ効果大?

関連記事