投資・資産運用
-
2020.11.17

SBI証券での投資の始め方!初心者でも迷わない口座開設手順

(写真=SasinParaksa/stock.adobe.com)
(写真=SasinParaksa/stock.adobe.com)
ここ最近、日本のマーケットで個人投資家が元気な印象です。2020年2月・3月の相場急落では、海外をはじめ機関投資家が守りを固めに入りましたが、同じ局面において「逆張り」で成功した個人投資家が少なくありません。特にこの時期、(個人投資家が利用する)ネット証券の売買代金は急増しています。

「個人投資家デビュー」をした人も増えました。特に2020年3月のネット証券5社の新規口座開設数は、過去最高を記録しています。

このように証券口座開設はいままさに盛況感がありますが、投資の始め時はいつなのでしょうか?いつかは、と思っているのであれば、早いに越したことはないかもしれません。

では、投資を始めるとして、どこの証券会社に口座を開設すればいいのでしょうか。今回はネット専業最大手のSBI証券について紹介、口座開設手続きや株式投資の始め方について解説します。

投資デビューはSBI証券で!口座開設するメリット

SBI証券の口座数は463万で、ネット証券トップに位置します。この数字は、証券会社トップの野村證券に肉薄する数字です。ではなぜSBI証券は、投資家に選ばれているのでしょうか。

SBI証券が選ばれている理由1:Tポイントの利用

SBI証券は1998年の創業、SBIホールディングスの傘下企業です。SBIグループは傘下に証券・銀行・保険を擁する金融コングロマリットで、SBI証券もグループに属することによりさまざまなシナジーが期待できます。

それだけではありません。SBIはヤフーを傘下に持つZホールディングスと包括提携を結び「ヤフー経済圏」に参画しています。提携により投資家が受けられるメリットの1つがTポイントです。たとえばショッピングや旅行で貯めたポイントを、投資信託の買い付け代金に充てることができます。

換算単位は1ポイント1円でポイント使用の範囲に上・下限はなく、ポイントだけでの買い付けも可能です。しかも最低買い付け代金は100円から行えます。

逆に、投資を通じてポイントを貯めることもできます。国内株式手数料の1.1%相当、投資信託保有残高の0.1%相当(残高1,000万円以上は0.2%)、金・プラチナ等スポット取引・積立手数料の1.1%相当につきポイントが付与されます。

さらに、各種キャンペーンに応じてポイントが加算されることもあります。ただし、ポイントを使ったり貯めたりするには、まずSBI証券のTポイントサービスに申し込んだうえで、Tカード番号の登録が必要です。

ちなみにSBIの名称は「Strategic Business Innovator(戦略的な事業革新者)」ですが、もともとの社名は「SoftBank Investment」です。今でこそ資本関係を解消していますが、もともとSBI証券はソフトバンクグループが設立した企業で、いわばSBI証券はソフトバンクの親戚にあたるわけです。

SBI証券が選ばれている理由2:豊富な品揃え

SBI証券で取り扱う国内株式銘柄は、全上場会社数(東証1部2部・JASDAQ・東証マザーズ等)の93.5%をカバーしています。

SBI証券は、外国株式の品揃えも充実しています。アルファベット(グーグルの持ち株会社)・ゴールドマンサックス・LGグループといった著名企業はもちろん、米国株(約3,500銘柄)・ベトナム株(約320銘柄)・中国株(約1,400銘柄)・ロシア株(30銘柄)などを幅広く取り扱っており、カバーしている国の数はネット証券(auカブコム・SBI・楽天・マネックス・松井の口座数上位5社)中トップです。

SBI証券が選ばれている理由3:業界最安水準の手数料

SBI証券は、現物・信用取引向けにまとめて取引するタイプの投資家にむいている「スタンダード」と1日にこまめに取引するタイプむけの「アクティブ」と、2つの手数料プランを用意しています。

スタンダードの場合、100万円の取引で手数料は487円、アクティブの場合1日100万円までの取引で手数料は0円と、いずれも主要ネット証券中で最安レベルとなっています。

SBI証券ではこのほかにも、複数の市場から最も有利なオーダーを選べるSOR(スマート・オーダー・ルーティング)、朝8時20分から深夜23時59分まで時間外取引が可能なPTS(私設取引システム)といった取引メニューも提供しています。

SBI証券が選ばれている理由4:充実した投資情報

SBI証券では、リアルタイムの株価情報・チャートはもちろん、社内外アナリストによる個別企業や業種のレポートなど、ダイレクトに投資に活用できる情報がスマホで閲覧できます。このほか、月イチ相場見通し(月初)、SBIグローバルウォッチ、SBIウィークエンドセミナー(いずれも金曜)、SBIモーニング/イブニングレポート(毎日)といったお役立ち情報を動画で配信しています。

リアルセミナーも積極的で、IFA(独立資産アドバイザー)やグループ企業のSBIマネープラザが、旬なテーマを扱ったセミナーを開催しています。

これらが、口座を開設していれば無料で聴講・参加できるのも、SBI証券が人気を集める理由の1つといえそうです。

SBI証券が選ばれている理由5:魅力的なIPO

IPO(Initial Public Offering:新規発行株式)とは、上場される直前の非上場株式です。IPO株は
上場時に公開価格の2倍3倍と値上がりすることも多く、個人投資家からの人気も非常に高い金融商品です。そのため、抽選倍率が50倍以上になることも珍しくありません。

IPOに申し込むには、IPO株を取り扱っている証券会社に口座を開設していなくてはいけません。つまり、IPOで当選を勝ち得るには、取扱い本数や配分株数が多い証券会社を選ぶのが第一歩になります。

その点、SBI証券はIPOの年間取扱実績が82社(2019年)と、ネット証券各社でトップとなっています。
さらに、主幹事も7社獲得しています。主幹事を務めると割当株数が9割近くにまで達することもあるので、ほかの証券会社よりも当選確率が高まります。

なおかつ、店頭に割当株の大半を配分する大手証券と違って、SBI証券は50%をネット抽選に回しています。うち35%は1単元1票の平等抽選で、申込株数が多めな投資家ほど有利になります。

そして、残り15%がチャレンジポイントによる抽選です。チャレンジポイントはSBI証券独自のシステムで、IPO抽選に外れた際にポイントが貯まり、次回のIPO申込時にポイントを利用することで当選確率が高まる仕組みです。預り資産残高や取引高とは無関係にIPOにチャレンジできることから投資家の間では人気の高いシステムとなっています。
 

こちらもおすすめ
SBI証券のiDeCo(イデコ)徹底調査!手数料は?おすすめの商品は?
ネット証券会社の2大巨頭?楽天証券とSBI証券、どちらがお得?

画面で解説!SBI証券で口座開設をする手順

口座開設手順1:ネットで完結できる口座開設手続き

SBI証券の口座開設手続きは、基本的にスマホやパソコンで完結します。開設に伴う手数料も必要ありません。

(1)口座開設画面にアクセスする
(2)メールアドレスを登録する

(3)登録メールアドレスに届いた認証コード(6桁・到着後60分以内有効)を入力する
(4)お客様情報を入力する(居住国・氏名・郵便番号・住所・性別・生年月日、NISA選択の有無、売買益・配当等への課税方法選択・SBI住信銀行への口座加入可否)

(5)規約(包括告知および届出、電子交付サービス等承認。重要書類の同意、反社会的勢力でないことの確約等)を確認、チェックボックスに入力する

(6)入力内容を確認する
(7)口座開設方法をネットか郵送か選択する
  • ネットの場合は、本人確認書類をWEB上で確認(ネットのほうが早い)
  • 郵送の場合は、SBIから送られてきた郵送物に本人確認書類を入れて返送
  • 外国籍の方はチェックマークを記入(郵送は必須)

(8)ここまでで口座開設申込は完了
  • 申込番号、口座番号、ユーザーネーム、ログインパスワードが発行され画面に表示される
  • ユーザーネーム・ログインパスワードは以後の手続きのために保存しておくとよい
  • ネットによる口座開設を選んだ場合は、このまま本人確認へ進む


この他、申し込み完了後の流れを説明するメールが届くので、内容を確認します。

口座開設手順2:本人確認書類の提出

口座開設の申し込みが完了したら、続けて、本人確認書類の提出手続きを行います。ここでは、ネットによる口座開設を選択したことを想定して、解説します。

提出する書類は基本的に、マイナンバー確認書類+本人確認書類ですが、提出書類に応じてその後のフローは異なります。

(1)まず、口座開設申込完了時に発行されるユーザーネームとログインパスワードを入力します。

(2)口座開設の手続き状況が表示されるので「本人確認書類の提出」を選択します。
(3)続いて、お客さま情報の再確認画面に移ります。表示内容が提出予定の書類の情報と一致している必要があります。一致していない情報がある場合は画面内の情報を修正します。
(4)提出書類の選択。提出書類と提出方法を選択します。提出可能な書類と、書類の組み合わせは以下の通りです。

▽スマホを持っていてその場で撮影し、提出できる場合
  • マイナンバーカード(他の書類は必要ありません)
  • 通知カードの場合はほかに運転免許証

▽スマホがなくその場で提出できない、上記書類の組み合わせがないという場合
  • マイナンバーカード+本人確認書類(運転免許証、写真付きの住民基本台帳カード、日本国パスポート、住民票の写し、年金手帳、健康保険証など)
  • 通知カード+上記の本人確認書類2種類


(5)確認書類をアップロードします。パソコンやスマホに保存した画像ファイルを指定してアップロードしますが、以下に注意しましょう。
  • 氏名・住所・生年月日などの記載が不鮮明な場合は不備とされる可能性もあるので注意
  • 住所変更した場合は変更履歴の記載も表示
  • 書類の有効期限年月日に注意
  • その他確認種類によって留意事項があり、説明を確認する
  • アップロードするファイルにパスワード設定をしない

口座開設手順3:口座開設完了通知の受け取り(メールまたは郵送)

提出書類の審査等が完了すると「口座開設完了通知」がメールまたは郵送で届きます。通知受領後は任意の取引パスワードを設定しましょう。

口座開設時に迷ってしまう、よくある疑問

多くの方は証券口座の開設が初めてだったり、不慣れだったりするはずです。また、普段あまり目にしない用語に戸惑ったり、画面上の選択項目で何を選べばよいか迷ったりすることも多いでしょう。そのようなときに浮かぶ疑問などにお答えします。

口座開設時によくある疑問1:投資スタンスはどれを選ぶ?

「投資に関する質問」では、年収・資金の性格(余裕資金かどうか)・金融資産所有・投資経験・興味のある投資(現物・先物・FX)などについての質問があります。質問に答えたうえでなら、自分の投資スタイルについて考えがまとまります。

バランス型投資とは、値動きの異なる資産を組み合わせてリスクを抑える手法です。アクティブ型投資とは、リスクを取って値上がり益を狙っていくタイプの手法です。

口座開設時によくある疑問2:特定口座って何?

口座開設申し込み時には、特定口座か一般口座かを選択しなければなりません。両者は、課税上の取り扱いが異なります。さらに特定口座は、源泉徴収あり・なしに分かれます。

株式の配当・売買益、投資信託の分配金などには20%の所得税がかかります。銘柄や取引が少ないうちは自分でも管理できますが、増えてくるとかなり手間に感じるでしょう。「特定口座制度」とは、口座を預かる証券会社が顧客に代わって売却損益を計算してくれる仕組みです。

顧客は証券会社から送られてくる計算書を、そのまま確定申告書に活用できます。もちろん売買損が出た場合も、損益通算の適用を受けることができます。

さらに「源泉徴収あり」コースを選べば、売買益などから自動的に所得税が徴収されるので、確定申告の手間を省くこともできます(任意での確定申告は可能)。

配当控除などの適用を考えている場合は一般口座の選択肢もありますが、投資デビュー直後なら投資による利益も多くないと思われるので、特定口座・源泉徴収ありを選ぶのがよいでしょう。

口座開設時によくある疑問3:NISA口座、つみたてNISA口座ってなに?

NISA(少額投資非課税制度)とは配当・売買益が非課税扱いとなる優遇制度であり、年間限度額120万円、最長5年まで適用を受けることができます。

つみたてNISAは、より長期・積立・分散にシフトした制度で、年間限度額は40万円ですが、非課税優遇制度は20年間と長期にわたります。

ちなみにNISAは年々普及しつつあり、双方合わせた口座数は、2019年12月末現在で1,363万にのぼり、買付額も18兆円に達しています。

なおNISAを複数口座開設することは認められていないので、他の証券会社でNISA加入している場合、SBI証券で新たに入ることはできません。

SBI証券で株式投資を始める方法

さて、口座開設が完了したら、いよいよ株式投資スタートです

SBI証券での株式投資のはじめ方1:入金する

SBI証券の提携金融機関とネットバンキング契約を結んでいれば、即時入金が利用できます。入金方法はインターネット経由、24時間利用可能(定時・臨時メンテナンス時間を除く)で、買付可能額へは即時に反映されます。

そのほかにSBI証券では、提携している地方金融機関を通じたリアルタイム入金が可能です。入金方法はインターネット経由、利用は各金融機関の指定時間に限られますが、買付可能額には即時に反映されます。なおネットバンキング契約は必要なく、WEB画面上の口座振替登録だけで利用できます。

SBI証券での株式投資のはじめ方2:買い注文を入れる

実際に、株式の銘柄を購入してみましょう。以下の流れで注文を行います。

(1)まずは購入しようとする企業の銘柄コードを入力します
(2)市場:SBI証券優先市場・東証・名証・福証・札証の中から選択します
(3)株数:単元株など購入単位の整数倍を入力します
(4)価格:通常取引では指値または成行注文のいずれかを選びます。その他に逆指値・OCD・IFDといった特殊な注文方法もありますが、最初は指値・成行の2つだけ覚えておけば充分でしょう。指値は、売買したい希望の金額を指定します。成行は、市場の成立する価格で購入を申し込むものです
(5)注文期間:当日中・今週中・期間指定(最長15営業日)のいずれかを選ぶことができます。

まとめ:投資家デビューするなら、SBI証券は有力な選択肢の1つ


マーケットという大海原に漕ぎ出す投資デビュー、不安なことも多いと思われます。そんなとき、手数料も割安で学習コンテンツや品ぞろえも充実しているSBI証券は、あなたの心強いパートナーとなりうるサービスと機能を持っています。2020年は多くの人が投資家デビューを果たしています。あなたもぜひ、口座開設を検討してみませんか。
 
文・
上場企業(大手日用品メーカー)にて、事業戦略・財務に携わる。とくに財務部門所属時には、株主総会運営・決算開示を経験、経営分析の力をつける。個人としての投資経験に合わせ、「投資される」企業側からの視点を加味した、独自の切り口によるコラムを真骨頂としている
 

>>その他のおすすめ記事
滝川クリステルさんが1.5億円保有する「国債」ってどんな商品?
【連載#2】3億円失う人も…”億り人”で居続けることの大切さ
【連載#3】100万円を4,000万円にする「マーケットの渡り方」
【連載#4】忙しいビジネスマンでも株で“億り人”になれるワケ
総資産を1億にする資産運用法とは?


 

関連記事