投資・資産運用
-
2020.5.13

【今日のNYダウ見通し】小売売上高・フィラデルフィア連銀景況指数などの経済指標に注目

(画像=Getty Images)
(画像=Getty Images)
【NYダウ予想レンジ:28,900~29,200ドル】

昨日、米国と中国が貿易協議の「第1段階合意」の文書に署名。

合意文書では、米農生産品輸入の拡大、知的財産保護、人民元安誘導の抑制などが盛り込まれました。

対中制裁関税はしばらく続く見通しですが、米国景気に対する不透明感は薄れました。

投資家心理は強気に傾き、NYダウは90.55ドル高の29,030.22ドルで引けました。

NYダウは3日続伸し、過去最高値を更新しています。

中東情勢の落ち着きに加え、米中貿易協議の第1段階合意により、米国経済と個別銘柄の決算にマーケットの関心は向いていくでしょう。

本日の経済指標では、小売売上高(予想0.3%)・新規失業保険申請件数(予想21.6万件)・フィラデルフィア連銀景況指数(予想3.8)に注目です。

また、NYダウが29,000ドル台をキープできるかに関心が集まるでしょう。

文・The Motley Fool Japan編集部/The Motley Fool Japan

>>その他のおすすめ記事

滝川クリステルさんが1.5億円保有する「国債」ってどんな商品?
【連載#2】3億円失う人も…”億り人”で居続けることの大切さ
【連載#3】100万円を4,000万円にする「マーケットの渡り方」
【連載#4】忙しいビジネスマンでも株で“億り人”になれるワケ
総資産を1億にする資産運用法とは?