投資・資産運用
-
2020.2.29

【米国株動向】宇宙旅行のヴァージン・ギャラクティックが急騰した理由

(写真=Getty Images)
(写真=Getty Images)
モトリーフール米国本社、2019年12月9日投稿記事より

商業ベースの宇宙旅行を目指しているヴァージン・ギャラクティック(NYSE:SPCE)に対して、投資銀行のモルガン・スタンレーも「買い」の投資判断を与えました。

ヴァージン・ギャラクティックに対する「買い」推奨はこれで3社目となります。

モルガン・スタンレーの投資判断を受け、ヴァージン・ギャラクティックの株価は9日に約16%上昇しました。

モルガン・スタンレーは、ヴァージン・ギャラクティックへの投資を「(医薬品開発で成功と失敗の落差が大きい)バイオ株投資」にたとえています。

もし同社の宇宙船が乗客を乗せたまま墜落すれば、同社株も急落し、燃え尽きる可能性があります。

しかし、宇宙船が成功し、世界初の商業スペースツーリズム企業になれば、ライバルを大きく引き離します。

宇宙旅行に加え、モルガン・スタンレーが注目しているのが、世界の主要拠点を結ぶ超高度での超音速旅行の可能性です。

モルガン・スタンレーは、この長期的な可能性を元にヴァージン・ギャラクティックの「オーバーウェイト(買い)」の投資判断を開始し、目標株価を22ドルとしました。

内訳は、10ドルがスペースツーリズムで、12ドルが超音速旅行事業です。

宇宙旅行と超音速旅行の進展により、ヴァージン・ギャラクティックの株価は来年にかけて3倍になる可能性がある、とモルガン・スタンレーのアナリストは見ています。

文・The Motley Fool Japan編集部/The Motley Fool Japan


>>その他のおすすめ記事
滝川クリステルさんが1.5億円保有する「国債」ってどんな商品?
【連載#2】3億円失う人も…”億り人”で居続けることの大切さ
【連載#3】100万円を4,000万円にする「マーケットの渡り方」
【連載#4】忙しいビジネスマンでも株で“億り人”になれるワケ
総資産を1億にする資産運用法とは?

関連記事