投資・資産運用
-
2019.2.28

専業主婦が「iDeCo(イデコ)」で得する方法とは?

(画像=PIXTA)
(画像=PIXTA)
2017年1月から「iDeCo(個人型確定拠出年金)」に専業主婦も加入できるようになりました。 iDeCoは拠出金額が所得控除になることから、収入があるビジネスパーソンにとって税金面の優遇が大きく、お得な制度といわれています。しかし、専業主婦にとっても実はお得な制度なのです。何がお得なのでしょうか?

iDeCo(イデコ)とはどういった制度なの?


iDeCoは、国民年金や厚生年金とは異なる年金制度です。「個人型」という名前からも分かるように、個人の意思を大きく反映できる年金制度になっています。国民年金や厚生年金などの公的年金とは異なり、iDeCoは運用方法や拠出額を自分で決めることができる私的年金です。

拠出金額の限度額については、職業や企業型確定拠出年金の有無などによって異なりますが、毎月5,000円から限度額を超えない範囲で決めることが可能です。なお、拠出金額は年1回単位で見直しできるようになっており、拠出金額の全額を所得控除の対象とすることができます。

iDeCo(イデコ)で得することはできる


仕事をしていても扶養控除内の場合、専業主婦は所得税控除などの優遇を受けることはできません。また、iDeCoは個人のための制度なので、配偶者に拠出金を支払ってもらうことは可能ですが、その分を配偶者の所得から控除することはできません。

そのため、専業主婦はあまり得をすることはないと思うかもしれません。しかし、実は税金面で得をすることができるのです。それは、運用によって得た利益が非課税になるということです。運用益については、通常約20%の税金がかかりますが、この税金が免除されるのです。

なお、運用方法については加入者が決める必要があり、運用が不調であれば年金額が減ってしまうリスクがあるため注意が必要です。

専業主婦にはビジネスパーソンにおける退職金はありませんが、iDeCoに拠出しておくことで、60歳以降に拠出金を受けとることができます。退職金は毎月の給与から少しずつ貯めたものを退職時にまとめて受け取るような仕組みですが、iDeCoに拠出しておくことで同じような仕組みを作ることができます。

専業主婦も退職金のつもりで積み立てていくと、後々になって大きな金額を受け取れる可能性があります。さらに、拠出金を一括して受け取ると退職所得控除の対象となり、節税効果が期待できます。

実際にはどのくらい得をする?


通常、投資にかかる運用益には、約20%の税金がかかりますが、iDeCoの運用益は非課税です。それでは、実際にはどのくらい税金面で得をすることができるのでしょうか。具体的な数字を見ていきましょう。

専業主婦は月々2万3,000円まで拠出することが可能です。30歳から60歳までの30年間、毎月2万3,000円拠出すると、27万6,000円(1年分の拠出額)×30(年)=828万円となります。仮に運用利率が3%だったとすると、30年で運用益は503万399円となります。運用益に対する税金は、通常約20%の102万1,925円かかりますが、iDeCoならば非課税なので、運用益をまるまる享受できるのです。

さらに、60歳以降一括で受け取る場合、退職所得控除の対象となります。退職所得控除は、通常は在職年数によって控除が異なりますが、iDeCoの場合は拠出した年数になります。

30年の拠出の場合は、20年超の計算式である800万円 + 70万円 × (A - 20年)より、800万円 + 70万円 × (30 - 20年)で1,500万円の退職所得控除になります。上述の例の場合受け取り時の金額は、拠出額828万円+運用益512万2,948円=1,340万2,948円になりますので、ほとんど税金がかからないことになります。(今回は手数料や口座管理料等は考慮していません。)

専業主婦もメリット大


iDeCoは専業主婦にとっても税金面でお得になることが分かっていただけたのではないでしょうか。ここでは専業主婦に焦点を絞ってお伝えしてきましたが、パートやアルバイトをしていて収入のある主婦の方は、iDeCoへの拠出によって「所得控除」を受けることも可能です。iDeCoの仕組みを把握し、メリットを活かすためのシミュレーションをしてみることをおすすめします。

 

【おすすめ記事】
保険の営業員が「嫌がる質問」とは?
約7割の人が知らないお得な制度とは?
保険に詳しいFPが教える「入るべきじゃない」保険
へそくりより「数倍お得」な資産の築き方
富裕層はどんな資産運用をしている?最新トレンドはITサービスの利用

関連記事