投資・資産運用
-
2019.10.31

今注目すべきヘルスケア銘柄3選:ヘルスケア・サービシズ、アビオメッド、リヴォンゴ

(画像=Getty Images)
(画像=Getty Images)
モトリーフール米国本社、2019年9月14日投稿記事より

世界的な貿易戦争が続いており、専門家は米国がリセッション(景気後退)入りする可能性を懸念しています。

投資家に出来ることは、リセッションに強い株、たとえば景気動向に左右されないヘルスケアセクターに注目することです。

ヘルスケアで注目される銘柄として、ヘルスケア・サービシズ・グループ(NASDAQ:HCSG)、アビオメッド(NASDAQ:ABMD)、リヴォンゴ・ヘルス(NASDAQ:LOGO)を紹介します。

ヘルスケア・サービシズ・グループ:大きく売られている有力配当株

ヘルスケア・サービシズ・グループは、ヘルスケア企業に対してハウスキーピング、洗濯、食事サービスなどを行います。

顧客企業は、老人ホーム、リハビリセンター、病院などです。

ヘルスケア・サービシズのビジネスは、常に一定の需要があり、さらに高齢化で事業がさらに拡大していくため、長期投資家に好適な銘柄です。

しかし、直近四半期の業績が低迷しているため、同社株は大きく売られています。

売上高は前年同期比8%減で、利益率が低下しており、1株当たり利益は前年同期比31%減でした。

この背景には、一部の主要顧客の支払いで問題が発生したことがあります。

ヘルスケア・サービシズは、再発防止に向け顧客と契約の再交渉を行っています。

契約変更の経過期間は成長率が一時的に低下しますが、ウォール街のアナリストは年内には増益基調に戻ると予想しています。

さらに、同社は連続65度目の四半期配当の増配を行っており、経営陣は短期的な問題を容易に克服できるとみられます。

ヘルスケア・サービシズは高成長株ではありませんが、堅実なキャッシュを創出し、配当利回りも3.3%と高いですが、株価は予想PER(株価収益率)18倍程度で取引されています。

配当投資家は、この優れた銘柄に注目すべきでしょう。

アビオメッド:引き続き魅力的な成長株

アビオメッドは、心臓関連の医療機器メーカーです。

同社の小型心臓ポンプは、心臓発作後またはリスクの高い手術中に患者の血流を継続させるために使われています。

アビオメッドのテクノロジーは極めて先進的だったので、売上高および利益は長年にわたり急成長してきました。

ウォール街は同社の成長ストーリーに熱狂したため、株価が急騰し、極めて高いバリュエーションになりました。

しかし、その後状況が変化しました。

アビオメッド株は過去18カ月間の大半で下落してきました。

下落の原因の一つは、あまりにも高かった以前のバリュエーションでした。

一時、同社株はPSR(株価売上高倍率)30倍超、PER約170倍で取引されていました。

しかし、成長減速とガイダンスの下方修正により、最近はかなり低下しています(PSRが約11倍、PERが約36倍)。

しかし、これはアビオメッドの成長ストーリーの終わりではありません。

FDA(米食品医薬品局)は2月に、アビオメッドの製品がリコールされることを想起させるような混乱した通告を発しました。

その後FDAは訂正通告を出し、アビオメッドの製品は安全で効果的と強調しましたが、同社は以前のFDA通告の悪影響からの回復過程にあります。

アビオメッドは利益率が高く、独占に近い競争優位性を維持し、有力製品の投入計画があり、そして依然として2桁成長を続けています。

総合的に見て、同社株は引き続き魅力的な成長株との見方があります。

リヴォンゴ・ヘルス:デジタルアドバイスでヘルスケア費用削減に貢献

リヴォンゴ・ヘルスは7月末に上場した企業で、慢性疾患(糖尿病、肥満、うつ病、高血圧)を抱える人の健康的な生活を携帯デバイスなどでサポートするデジタルプラットフォームを提供しています。

リヴォンゴのテクノロジーは、慢性疾患患者の状況管理および改善に貢献しています。

リアルタイム対応と24時間体制のコーチングは、健康的な食事の摂取、正確な薬の服用、その他健康管理をサポートします。

リヴォンゴのデジタルプラットフォームを使うことで、健康状態の改善とコスト削減を同時に行えます。

たとえば、リヴォンゴのサービスを使っている糖尿病患者は、年平均1908ドルも医療費を節約しています。

このため、企業経営者、病院、保険会社、政府機関がリヴォンゴのプラットフォームを続々と導入しています。

リヴォンゴの糖尿病患者向けサービスには米国で既に19万2000人が契約していて、大きな成功を収めつつありますが、それでも米国の糖尿病患者の総数3000万人からみればまだ小規模です。

それ以外にも、高血圧、糖尿病予備軍、体重管理関連のサービスを導入しているので、長期的な成長ポテンシャルは巨大です。

なお、リヴォンゴのバリュエーションは高く、現在PSR22倍で取引されています。

しかし、今後の事業ポテンシャルは巨大であり、現在は長期投資家にとって小規模なポジション構築の機会との見方があります。

文・The Motley Fool Japan編集部/The Motley Fool Japan
 

>>その他のおすすめ記事
つらい年収1,000万円と幸福な年収300万円の違い
IPOの当選確率を高める10の方法
今こそ投資初心者が米国株投資を始めるべき3つの理由
IPOして1年後の企業から探す「テンバガー銘柄」
1,000万円で資産運用!投資信託とETFどっち?徹底比較

NEXT 【PR】資産運用が学べる、運用先が見つかる「日本最大級の資産運用イベント」が話題 PREV 飲料関連銘柄比較:ペプシコとアンハイザー・ブッシュ

関連記事