投資・資産運用
-
2019.10.8

GOLD ETF(金ETF)が究極の「守りの投資」と言われるワケ

(写真=allstars/Shutterstock.com)
(写真=allstars/Shutterstock.com)
金への投資方法としては、延べ棒など現物を購入する方法もありますが、その他にも金の価格と連動するGOLD ETF(金ETF:純金上場信託)への投資が挙げられます。そこで今回は、投資対象としての金の特性を踏まえたうえで、GOLD ETFの特徴をみていきましょう。

信用力こそが金の魅力

「有事の金」といわれ、株価下落などの金融危機が発生した際に購入される機会が多い金ですが、一般的にどのような特性があるのでしょうか。

金そのもの自体に価値がある

株や債券などは、発行元となる企業や国の信用によって成り立っています。つまり「この企業は倒産しない」「この国は破綻しない」といった信用があってはじめて価値を有するために、信用リスク(財政難や経営不振により、あらかじめ定められた条件で投資家に還元できなくなる可能性)がある資産といわれています。

一方で金は自然から産出されるものであり、発行元は存在しないため、そのもの自体に価値を有しています。株や債券と比べて信用リスクがないといわれており、鉱物としての輝きや埋蔵量に制限があるゆえの希少性によって、どの国でも共通の価値として認められています。

景気が不安定なときに買われる傾向がある

前述した通り、金の価値は発行元の信用に依存しない価値を有するために、景気が不安定なときほど買われる傾向にあるといわれています。事実、金の価格はリーマンショックによって世界的な金融危機に見舞われた2008年に一時的には下落したものの、その後は大幅に上昇しました。

万が一の金融危機の際に価格の大幅な減少が避けられる金への投資は、「守りの投資」にもつながるといえるのではないでしょうか。

>>(続き)守りの投資を実現するGOLD ETFの特徴
1 2
Page 1 of 2
NEXT 太陽光発電投資は2019年がラストチャンスと言われる理由を解説 PREV 高配当ETFで配当貴族を目指す?対象となる指数は

関連記事