投資・資産運用
-
2019.8.12

IPOの抽選に外れても「セカンダリー投資」で利益が狙える?

(写真=Piyato/Shutterstock.com)
(写真=Piyato/Shutterstock.com)
大きな利益が狙えるIPO投資ですが、当選するのが難しいのも事実です。そこで上場後に利益を狙う「セカンダリー投資」を紹介しましょう。リスクや注意点もあわせて解説します。

IPO投資は宝くじのようなもの!?

2018年4月20日、東証マザーズ市場に将棋対戦アプリ「将棋ウォーズ」で有名なHEROZ(ヒーローズ)<4382>がIPO(Initial Public Offering:新規株式公開)しました。日本初のAI専業会社の上場として注目を集め、2日間買い気配で値が付かず、3日目の24日に4万9,000円と公募価格の4,500円に対し10.9倍で初値がつきました。初値倍率としては過去最高でいきなりのテンバガー(株価が10倍になった銘柄)となりました。抽選で当たった人が初値で売れば445万円の利益(売却時の手数料を考慮しない)を得たことになります。

HEROZは極端な例かもしれませんが、2018年のIPOではHEROZの他にも、アジャイルメディア・ネットワーク<6573>が124万7,000円、RPAホールディングス<6572>が107万1,000円、ベストワンドットコム<6577>が105万円、Kudan(クダン)<4425>が102万8,000円と、初値売却によって100万円以上の利益が出た銘柄が5件もありました。

2019年も、3月13日IPOのサーバーワークス<4434>が初値倍率3.8倍で132万2,000円の初値売却益、3月29日のWelby<4438>が初値倍率3.5倍で128万3,000円の初値売却利益となり、100万円超えが2件出ています。

成功確率がかなり高く人気のIPO投資ですが、当選確率は非常に低いのも事実です。「宝くじのようなもの」と言われることもあり、年に1回か2回当たればいいほうなのです。
 

こちらもおすすめ
【2019年上半期】IPO投資の結果と下半期の予定
過去3年、株投資で勝率8割超の堅い方法とは?

IPO銘柄の「セカンダリー投資」を検討してみては?

IPOの抽選にひたすらトライするのも悪くはありませんが、IPO銘柄の初値以降に投資する「セカンダリー投資」を実践するのも一手です。仮に初値以降で買ってもその後大きく上がるIPO銘柄が増えていることもあり、セカンダリー投資はIPO投資家の間でも注目されています。

例えば、2018年3月23日IPOのファイバーゲート<9450>は初値が2,388円(公募1,050円の2.3倍)でしたが、その後の高値は2019年5月16日の4,400円ですので、初値のセカンダリー投資で3.7倍になっています。

2018年12月25日IPOのベルトラ<7048>は初値が514円と公募価格から33%上昇して始まりましたが、その初値で買っても2019年3月25日に1,850円の高値をつけていますので3.6倍です。

2019年のIPO銘柄でも、3月28日の日本ホスピスホールディングス<7061>が初値倍率47%高、初値セカンダリー投資後の高値2.3倍です。3月15日のカオナビ<4435>は初値倍率が2倍、初値のセカンダリー投資後の高値は2.4倍です。その他、初値投資で高値まで2倍以上になった銘柄がリックソフト<4429>、グッドスピード<7676>、トビラシステムズ<4441>の3銘柄あり、2019年はすでに合計5銘柄です。

>>(続き)セカンダリー投資のリスクと注意点
1 2
Page 1 of 2
NEXT コイン収集で資産形成もできる?その魅力とは? PREV NISA口座でIPO投資をするメリット・デメリット

関連記事