投資・資産運用
-
2019.8.6

投資の情報収集「賢く使う」3ステップ オススメサイト4選

(写真=ESB Professional/Shutterstock.com)
(写真=ESB Professional/Shutterstock.com)
最近の株式投資の盛り上がりを見て実際に投資を始めた方も多いことだろう。初心者の方ならばまずは証券口座を作り、そこにお金を入金して「さあ、投資を始めよう」となるが、実際には株式市場には数千の銘柄が上場されており、そこから自分に合った最適の投資先を見つける必要がある。

しかし、実際投資をしてみるとわかるが、最適な投資先を見つけるには有益かつ活きた情報が必要だということが分かる。この記事では、有益な投資情報の見つけ方とおすすめの投資サイトをご紹介していく。

投資情報の収集においてSNSが存在感を示すように

投資情報は、投資系の情報誌やネット上のサイト、SNS上での投資家たちの発言など多岐におよぶ。投資系の情報誌は、経済専門家や投資家、FPなどマネーの専門家が解説するものである。最近では芸人やアイドルなども頻繁に登場している。

ネット上のサイトは、投資データを提供しているサイト、初心者が投資を始める上での初期知識を提供しているサイト、投資家のブログなどがある。

そして最近ではSNSが投資において大きな意味を持つようになってきている。特に大物投資家の発言には多くの投資家が注目しているため発言の内容如何によっては相場に少なからず影響があることもある。

投資の初期知識や正確なデータを知るためには

多くの投資家が利用している投資情報サイトを4つほどご紹介したい。

①ヤフーファイナンス

言わずと知れた投資情報サイト。ほぼすべての情報が網羅されている。銘柄情報や掲示板などを使用する人が多い。僭越ながら筆者もここでコラムを書いている。

②IFIS株予報

IFISコンセンサス(業績予測)を確認することが可能。業績の進捗を確認して、株価の見通しの良い銘柄を探すことができる。

③四季報オンライン

東洋経済社が運営するウェブサイト。銘柄検索スクリーニング機能が充実。毎月1000円で会員になれるベーシック会員になるとスクリーニング機能が追加となり銘柄探しが一気にしやすくなる。会社四季報のバックナンバーも一部閲覧可能。

④トレーダーズウェブ

個人投資家、機関投資家、証券ディーラーなど多くの投資家から閲覧されている投資情報サイト。データの豊富さに定評がある。寄り付き前に毎日更新される外国人投資家動向などは要チェック。初心者のうちは毎日引け後に更新される「明日の見通し(戦略)」がおすすめ。

活きた投資情報を手に入れるためには

投資家が出す情報は雑誌記事であったりツイッターだったり自身のブログであったり様々だ。実際に投資をしている所がポイントである。多くの投資家のサイトを眺めてみると、彼らが常に勝ち続けている訳ではなく、常に相場と対峙して投資を通して学んでいることがわかる。自分の資金を実際市場に投じているという点で専門家とは大きく異なり、活きた投資情報の宝庫である。これから投資をしようと言う人はたくさんの投資家のブログを回って「その投資家の手法」を知ると良いだろう。

なお投資家のサイトに関しては具体的な投資家名をここで述べることはできないが、「ブログ村」を利用することで簡単にたどり着くことができる。「ブログ村」はジャンルがわかれているので自分の投資スタイルに合った項目から投資家を探すことができる(例えばデイトレ・長期投資・株主優待など)

ただ、残念ながら投資をしていない「エアー投資家」なども含まれている可能性もあるので、しっかりと見極めて情報を仕入れていただきたい(※基本的に有名投資家さんの一覧はネットでググるとすぐに知ることができる)

経済の先行きを知るためには

専門家とは経済学者や運用をしていない証券アナリスト、投資関連教育者などを指す。共通点は彼らは相場のことに詳しいものの実際には投資を行っていないことが多い(仕事の関係上できない人も多い)。

専門家は経済ニュースやテレビ番組でも景気の先行き見通しなどについて話をすることが多い。中には株式の銘柄についても話をする人はいるが実際に投資をしていないため少々空回りになっていることもある。

先ほどご紹介した投資家の情報が「木を見る」視点だとするとこちらは「森を見渡す」視点だといえる。相場動向の全体像を予想するなら、専門家の意見を参考にしても良いだろう。例えば、テレビ番組でいえばビジネスサテライト、雑誌で言えば日経マネーなどに経済に関して豊富な知識を有した専門家が良く出ている。

情報を賢く使うための3ステップ

ここまでをまとめてみると下記のようになる。
 
  1. 初心者が初期知識を仕入れたり投資データを仕入れるには最初にご紹介した4つのサイトを参考にする
  2. 投資を実際に行う投資家の活きた情報を仕入れるためには投資家ブログやツイッターをフォローする
  3. 経済の先行きを知る上では専門家の話を参考にする

上記の点を踏まえ自分の投資スタイルに合うように情報収集をカスタマイズしていくとよいだろう。

文・谷山歩(投資・経済コラムニスト)/ZUU online
 

【おすすめ記事】
保険の営業員が「嫌がる質問」とは?
約7割の人が知らないお得な制度とは?
保険に詳しいFPが教える「入るべきじゃない」保険
へそくりより「数倍お得」な資産の築き方
富裕層はどんな資産運用をしている?最新トレンドはITサービスの利用

NEXT NISA口座でIPO投資をするメリット・デメリット PREV 外食関連の「株主優待20選」 吉野家、銀だこ、モスバーガー……

関連記事