投資・資産運用
-
2019.6.29

外貨預金を始めるならデメリットも理解しよう

(写真=Marian Weyo/Shutterstock.com)
(写真=Marian Weyo/Shutterstock.com)
日本の普通預金や定期預金などと比べて高い金利が魅力の外貨預金。金融資産を円以外の通貨に分散しておくことで、「円の暴落」「ハイパーインフレ」など“万一の事態”に備えることもできます。ここでは、外貨預金のメリットやデメリット(リスク)など、外貨預金を始める前に知っておきたい予備知識を紹介します。

「高金利」と「為替差益」が2大メリット

外貨預金の主なメリットは、「高金利」と「為替差益」の2点です。日本銀行の超低金利政策によって、日本の普通預金の金利は、大半の金融機関で0.001%、定期預金の金利は高い金融機関でも0.2%程度と、お世辞にも高いとはいえないのが現状です。一方、外貨預金の金利は銀行や通貨によって大きく差がありますが、米ドルの外貨普通預金の場合は0.2%~0.7%程度。

定期預金になれば、2%を超える銀行もあります。さらに、南アフリカランドなどの新興国の通貨は高金利通貨になると、定期預金の金利が6%を超えるものもあるのです。日本円の預金では見られない高い金利を受け取ることができるのが外貨預金の魅力の一つでしょう。また、外貨預金では預け入れた時点よりその通貨に対して円安が進むと為替相場の差による利益(為替差益)を得られるのもメリットです。

例えば、1米ドル=110円のときに1万米ドル(約110万円)の外貨預金をして、1年後に1米ドル=120円まで円安が進めば、その1万米ドルは日本円に換算すると約120万円。つまり、1年で110万円が120万円に増えた計算になります。

為替差損に要注意

注意したいのは「為替差益を得られるメリット」は、「為替差損が発生するリスク」と背中合わせということです。前述した「1米ドル=110円のときに1万米ドル預金」のケースで、その後1米ドル=100円まで円高が進んだ場合は、日本円に換算すると100万円まで資産が目減りしてしまうことになります。また、米ドルやユーロといった主要通貨は値動きが比較的緩やかです。

しかし、豪(オーストラリア)ドル、トルコリラといった資源国通貨あるいは新興国通貨は値動きが激しいのが特徴です。大きな為替差益が期待できる半面、大きな為替差損を被るリスクがあります。資源国の通貨や新興国の通貨は、金利も高い傾向ですが、通貨の値動き次第で金利による利益が吹っ飛んでしまう可能性もあるのです。

資源国通貨や新興国通貨は、原油などの資源価格の上下、政治や社会情勢の混乱などによってその国の通貨が下落するリスクを秘めています。このように、外貨預金は国や地域の事情によって相場が大きく動くリスク(カントリーリスク)を抱えているのです。

知っておきたい「為替手数料」と「最悪のケース」

覚えておきたいのは、外貨預金では円貨から外貨、外貨から円貨へ交換するときに為替手数料(為替コスト)がかかることです。この為替手数料も銀行によってまちまちですが、米ドルでは1ドルあたり0.15~0.50円、ユーロの場合は1ユーロあたり0.25~0.70円程度の為替手数料がそれぞれにかかります。中には、それよりも為替手数料が高い銀行や安い銀行もありますので注意が必要です。

資源国通貨や新興国通貨の為替手数料は、米ドルやユーロよりもさらに高い傾向があるため、頻繁に通貨の交換を繰り返すと手数料の負担がかなり重くなるでしょう。また、外貨預金はペイオフ(預金保険制度)の対象外であることにも注意が必要です。日本の普通預金や定期預金などの商品は、万一預け入れている金融機関が破たんしても、1金融機関当たり元本1,000万円とその利息までは預金保険機構のペイオフ制度によって保護されています。

しかし、外貨預金はペイオフの対象外のため、もし預け入れている金融機関が破たんしてしまうと、全ての預金が戻ってこない可能性があるのです。戻ってくる金額は、破たんした金融機関の資産の状況などによって変わってきます。つまり、外貨預金をするには「金利」「為替手数料」「その通貨の動向」「信頼できる金融機関か」など、総合的に考えることが必要です。

信頼できる金融機関かどうかについては、現在の日本は誰もが名前を知っているような金融機関がすぐに破たんするような状況ではありません。しかし、あくまでも“最悪のケース”として知っておくべき知識といえます。

下準備でスマートな外貨預金を

「高金利」というだけで安易に飛びついたり、為替手数料が高い通貨にも関わらず頻繁に通貨の交換を繰り返したりすると、思わぬ損失を被る可能性があることは念頭に置いておきましょう。特に、投資の初心者は「新興国通貨で高金利が得られる」「為替差益が狙える」といった文言に目を奪われがちですが、その裏にあるリスクやデメリットを忘れてはいけません。

外貨預金は、細かく売買を積み重ねて利益を狙ったり、短期間に何度も入出金を繰り返したりするには不向きな金融商品です。資産を円以外の通貨に分散するために、「使う予定のない余剰資金で臨む」というスタンスがベストではないでしょうか。外貨預金を海外の窓口やATMで引き出すことができる金融機関もあるので、その通貨が使える国によく旅行する人には有効です。

高金利などのうたい文句に目を奪われず、メリットやデメリット、リスクの理解、自分の資産状況の把握といった“下準備”をして、スマートな外貨預金を始めましょう。
 

【おすすめ記事】
保険の営業員が「嫌がる質問」とは?
約7割の人が知らないお得な制度とは?
保険に詳しいFPが教える「入るべきじゃない」保険
へそくりより「数倍お得」な資産の築き方
富裕層はどんな資産運用をしている?最新トレンドはITサービスの利用

NEXT 外貨預金を始めるタイミングはいつがおすすめ? PREV 外貨預金を引き出して旅行先で使う方法とメリットとは

関連記事