経済・マーケット
-
2019.4.26

増税前に買ったほうが良いもの、あまり変わらないもの

(写真=FREEPIK2/Shutterstock.com)
(写真=FREEPIK2/Shutterstock.com)
2019年10月に、消費税が8%から10%に引き上げられます。増税前にさまざまなものを購入しておいたほうが得をする印象がありますが、すべての商品の消費税が10%になるわけではありません。ここで消費税についておさらいをし、増税前に買ったほうがいいものとそうでないものを整理しておきましょう。

軽減税率によって増税後もあまり変わらないもの

軽減税率とは、本来の税率よりも引き下げることをいいます。消費税では、10%ではなく現在と同じく8%に据え置かれる予定です。消費税において軽減税率の対象になるものは、「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」となっています。「酒類・外食を除く飲食料品」における飲食料品とは、人の飲用または食用に供されるもののことです。具体的には、食品表示法に規定する食品とされています。

飲食品店で購入して持ち帰るテイクアウトや宅配も軽減税率の対象です。ただし、レストランなどでの食事やケータリングは、軽減税率の対象外のため注意しましょう。どのようなものが外食やケータリングに該当するのかは、取引の場所とサービスの提供に着目して次のように定義されています。外食は、テーブルやいす、カウンターなどの飲食用の設備がある場所で、飲食料品を飲食させるサービスが提供されているものを指します。

ケータリングは、注文した人が指定した場所で加熱や調理、給仕などのサービスが提供されているものです。ただし、学校給食や一定の生活をしている有料老人ホームなどでの食事はケータリングとはみなされず、軽減税率の対象になります。家で飲食するものや食材の多くは、軽減税率の対象になっているので増税後もあまり変わりません。そのため、増税前に買い込む必要はないでしょう。

>>(続き)増税前に買ったほうが良いもの
1 2
Page 1 of 2
NEXT 株にも実況中継がある?「東京マーケットワイド」の魅力 PREV ビジネスマンが陥る「スキルアップ」の罠 人的スキル運用のすすめ

関連記事