経済・マーケット
-
2020.10.18

中国人富裕層が1億人を突破!その実像とバイイングパワーが向かう先は?

(写真=Alexey Novikov/stock.adobe.com)
(写真=Alexey Novikov/stock.adobe.com)
成長を続ける中国では富裕層の数も増加の一途にあり、GDP世界1位のアメリカを凌駕しつつあります。中国人富裕層のマネーはどこに向かうのか、隣国である日本はどのような影響を受けるのかについて考えます。

ついにアメリカを抜いた!増え続ける中国人富裕層

外資系金融機関の調査(2019年)によると、資産100万ドル以上のミリオネアは、米国人9,900万人に対して中国人は1億人を突破、ついに中国がアメリカを抜きました。1億人といえば、日本の総人口に匹敵する人数です。

中国における経済的豊かさの端緒は、1992年に遡ります。当時の最高指導者・鄧小平は北京から全国を巡り、経済改革・市場開放を呼びかけました。いわゆる「南巡講話」です。以降30年近く、中国はグローバル経済の波に乗り、GDPは35倍に膨れ上がりました。高度経済成長の恩恵を一身に受けたのが、いまの富裕層です。

靴や縫製工場といった「世界の工場」を担う製造業から、最近ではIT企業を立ち上げ成功した実業家も大勢います。中央・地方政府と二人三脚を組んで一族でビジネスを営み、財を成した「官商」と呼ばれる特権層も少なくないとされています。
 

こちらもおすすめ
富裕層がこぞって押し寄せている旅行先ランキング1位は…?
富裕層の強い味方!「プライベートバンカーとは何者なのか?」を徹底解説

子どもの留学費、都心タワーマンション……。チャイナマネーの向かう先

過去10年、中国は輸出産業により2兆ドルもの経常黒字を稼ぎました。一方で対外純資産は0.7兆ドルしか増えていません。統計上の差は1.3兆ドルにものぼり、大部分が富裕層による資産フライト(逃避)だとする指摘もあります。

また投資先として人気を集めているのが海外不動産、とくに流動性が高く換金しやすい物件です。日本では都心一等地のタワーマンションへの投資が目立ちますが、湾岸エリアなど海辺のマンションも意外に注目を集めています。

留学も盛んで、多くの高官や大富豪たちがアイビーリーグをはじめとする海外名門校に子弟を留学させています。為替市場における「元安」への警戒のほか、将来の移住先としても視野に入れ、こうした動きが進んでいるようです。

富裕層ビジネスと多少でもかかわりがあるビジネスパーソンなら、中国人富裕層マネーの動向に注視しておくとよいかもしれません。
 

>>その他のおすすめ記事
中国向けECビジネスを加速させる「自動輸送ロボット」
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいなのか
災害時にハイブリッド車からの給電で気をつけることとは?
水に浮く世界最小4人乗り「FOMM ONE」が日本でも発売か?
LINE PayボーナスからLINEポイントへのインセンティブ変更で何が変わる?

関連記事