経済・マーケット
-
2020.6.20

テレワークの生産性を高める便利アイテム4選

テレワークによって、移動時間がなくなったり、満員電車のストレスから解放されたりと、さまざまなメリットが報告されています。一方、自宅ではなかなか集中できないという人も少なくありません。今回は、自宅でテレワークをしている人が生産性を高めるために活用したいアイテムを4つ紹介します。

チェア、パーテーション、PCスタンド、クッションに注目

テレワークで生産性を高めたいなら、いつも座っている作業用チェアの見直しや、自宅作業ならではの悩みを解消できるアイテムの導入が効果的です。

テレワークの便利アイテム1:ゲーミングチェア

ゲーミングチェアとは、長時間ゲームをするゲーマーのための椅子です。座り心地がいいのはもちろんのこと、正しい姿勢を維持してくれるため、疲れが蓄積しにくいのが特徴です。

テレワークでは、長時間座って作業することになるため、肩こりや腰痛の悩みが出てくる人も少なくありません。体に不調を感じるなら、ハイスペックなチェアを検討してみましょう。

テレワークの便利アイテム2:パーテーション

家族の気配が感じられるのはテレワークのよさでもありますが、本気で集中したいときは、どうしても気が散ってしまうもの。独立した仕事部屋を確保するのが難しい場合は、パーテーションを購入して、簡易的な仕切りを作ってみましょう。

視覚情報がさえぎられるだけでも、集中しやすくなるものです。また台所や散らかった部屋を見ると、ついつい家事をしたくなってしまう人にも効果的です。

テレワークの便利アイテム3:ノートパソコンスタンド

長時間ノートパソコンで作業していて、首が痛くなった経験がある人は多いでしょう。実はノートパソコンだと、首を下に傾けないと画面が見えないため、首や肩が疲れやすくなります。長時間作業を続けていると、頸椎のカーブが失われストレートネックになってしまうリスクもあります。

ノートパソコンスタンドなら、パソコンの画面を高くしてくれるため、首にかかる負担を軽減できます。首や肩の疲れが深刻な人は導入を検討してみましょう。

テレワークの便利アイテム4:マッサージクッション

つらい腰痛には、マッサージクッションがききます。また、自宅で仕事をしていて、休憩をとるのが苦手という人にも向いています。時間を決めてマッサージクッションを起動し、その間は仕事からは離れてゆっくり気持ちを落ち着けましょう。

適度な休憩をとることも、仕事の生産性を上げるコツです。
 

こちらもおすすめ
給料も増える?テレワーク導入という最強の働き方改革
自宅待機で運動不足を解消! 意外なアイテムが子どもに人気

テレワークで生産性を高めるその他の工夫

他にも、生産性を高めるための工夫はたくさんあります。スマートフォンをつい手にしてしまうという人は、電源をオフにしたり、スマートフォンを遠くに置くといった方法が考えられます。また、ひざかけや卓上扇風機などで、快適に仕事ができるよう環境を整えるのも効果的です。

自分にとって最適な仕事環境というのは人によって異なります。まずは気になるものから試してみましょう。
 

>>その他のおすすめ記事
中国向けECビジネスを加速させる「自動輸送ロボット」
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいなのか
災害時にハイブリッド車からの給電で気をつけることとは?
水に浮く世界最小4人乗り「FOMM ONE」が日本でも発売か?
LINE PayボーナスからLINEポイントへのインセンティブ変更で何が変わる?