経済・マーケット
-
2020.2.25

CEO向け!投資熱・投資環境の2020年ベスト都市ランキング

(写真=yotily/Shutterstock.com)
(写真=yotily/Shutterstock.com)
ビジネスの新たな展開を考える上で、投資熱が高まっている都市や投資環境が整っている都市を知っておくことは非常に重要です。そうした都市では資金投入や人材採用が活発化し、人も資金もダイナミックに動きます。2020年に注目すべき都市は!?

1位はロンドン、東京は何位?

世界のCEO(最高経営責任者)向けに運営されている「CEOWORLD magazine」が発表している調査の一つに、「World's 100 best performing cities」というものがあります。世界各国の都市における投資熱や投資環境をランキング化したもので、最新版が2020年1月に発表されました。

この調査では、「Place(場所)」「Product(製品)」「People(人々)」「Prosperity(繁栄)」など6つのカテゴリで各都市を評価し、総合スコアを算出しています。1位はどこの都市でしょうか。また、東京など日本の都市はランクインしているでしょうか。

1位:ロンドン(イギリス)78.2
2位:ニューヨーク(アメリカ)72.0
3位:パリ(フランス)70.5
4位:東京(日本)70.3
5位:モスクワ(ロシア)70.1
6位:ドバイ(UAE)69.9
7位:シンガポール(シンガポール)69.8
8位:バルセロナ(スペイン)69.8
9位:ロサンゼルス(アメリカ)69.5
10位:ローマ(イタリア)68.3
※数字は総合スコア

日本からは東京が4位にランクインしました。日本では2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催され、投資熱が高まることが要因と考えられます。また1位に輝いたのがイギリスのロンドンで、アメリカからはニューヨークとロサンゼルスがランクインしています。

今後は新興国の主要都市もランクイン!?

このランキングをみると、依然として欧米諸国や先進国の都市がランキング上位に登場していますが、今後は東南アジアや中東、南米などの新興国の主要都市などもランクインしてくることが予想されます。来年の発表ではどのような推移がみられるのか、興味深いところです。


>>その他のおすすめ記事
中国向けECビジネスを加速させる「自動輸送ロボット」
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいなのか
災害時にハイブリッド車からの給電で気をつけることとは?
水に浮く世界最小4人乗り「FOMM ONE」が日本でも発売か?
LINE PayボーナスからLINEポイントへのインセンティブ変更で何が変わる?

関連記事