経済・マーケット
-
2020.2.20

2020年に行きたい展示会3選 バンクシー、アンディ・ウォーホル……

(写真=Ryan Rodrick Beiler / Shutterstock.com)
(写真=Ryan Rodrick Beiler / Shutterstock.com)
2020年は、バンクシー展やアンディ・ウォーホル・キョウトなど、見逃せない展覧会が目白押しです。2020年に是非行っておきたい展覧会を3つピックアップし、内容・会期・場所をまとめました。美術・アートが好きな人はぜひ参考にしてみてください。

(1)バンクシー展 天才か反逆者か

会期:2020年3月15日(日)~9月27日(日[※予定])
場所:横浜アソビル

世界で最も注目されるアーティストの一人・バンクシーの作品70点以上が、日本に初上陸します。2019年には、東京都港区の防潮扉で見つかったネズミの絵が、バンクシーの作品に似ているとして話題になりました。

バンクシーは、世界中の壁や橋などに作品を残す、神出鬼没の匿名アーティストです。風刺的でダークユーモアにあふれた作品の数々に、魅了されることでしょう。なお、地方開催も決定しており、大阪では10月に展覧会が予定されています。

(2)アンディ・ウォーホル・キョウト

会期:2020年9月19日(土)~2021年1月3日(日)
場所:京都市京セラ美術館新館 東山キューブ

ニューヨークで活躍したポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルの作品約200点と映像15作品が日本に上陸します。日本初公開作品も100点以上あり、初期作品から晩年の作品までを網羅しています。

アンディ・ウォーホルは、1960年代の大衆文化・消費社会のイメージを主題とするアーティストです。ロックバンドのプロデュースや映画制作も行うなど、マルチに活躍した彼の軌跡に、展覧会を通じて触れてみましょう。
 

こちらもおすすめ
「金で幸せは買えない」の科学的な根拠
お金から見る「世界のアート市場」過去最高落札金額の絵画はいくら

(3)ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

会期:2020年3月3日(火)~2020年6月14日(日)
場所:国立西洋美術館

質の高いコレクションを所有する世界屈指の美術館、ロンドン・ナショナル・ギャラリー。今回、西洋絵画の教科書ともいえるような有名作品の数々が、日本で初公開されます。

公開作品は、ゴッホの「ひまわり」、フェルメールの「ヴァージナルの前に座る若い女性」、レンブラントの「34歳の自画像」など、死ぬまでに一度は見ておきたい世界的傑作ばかりです。

なお、大阪にある国立国際美術館でも、2020年7月7日(火)から2020年10月18日(日)まで展示される予定です。


>>その他のおすすめ記事
中国向けECビジネスを加速させる「自動輸送ロボット」
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいなのか
災害時にハイブリッド車からの給電で気をつけることとは?
水に浮く世界最小4人乗り「FOMM ONE」が日本でも発売か?
LINE PayボーナスからLINEポイントへのインセンティブ変更で何が変わる?

関連記事