経済・マーケット
-
2019.8.8

お酒好きにおすすめの株主優待7選

(写真=DMstudio House/Shutterstock.com)
(写真=DMstudio House/Shutterstock.com)
梅雨時は蒸し暑いため、よく冷えた飲み物が欲しくなります。特に、仕事やスポーツの後には冷たいビールがおいしくなり、お酒好きにはうれしい季節の到来です。

そんなお酒が好きな人たちにおすすめなのが、株主優待でお酒がもらえる企業への株式投資です。今回は、アルコール飲料メーカーをはじめとした上場企業の中から、株主優待制度でお酒がもらえる酒類関連銘柄を7つご紹介します。

おいしいお酒が楽しめるおすすめ酒類銘柄

初めに、おいしいお酒を造るメーカーのおすすめ銘柄について見ていきましょう。

キリンホールディングス <2503>

「キリン一番搾り生ビール」やチューハイシリーズの「キリン 氷結R」をはじめ多くのヒット商品があります。

12月末に100株以上保有していると、キリングループの商品の優待が受けられます。キリンビールのギフトなら、100株以上1,000株未満で一番搾り詰め合わせセット合計4本、1,000株以上で一番搾り詰め合わせセット合計12本が届きます。また、1,000株以上ならメルシャンワインから赤と白の2本セットも選べます。

アサヒグループホールディングス <2502>

「アサヒスーパードライ」を筆頭にビール、発泡酒、第三のビールなど、多彩なラインアップでビール業界を牽引しています。

12月末時点で100株以上を保有していると株主優待が受けられます。100株以上500株未満で1,000円相当、500株以上1,000株以上で2,000円相当、1,000株以上では3,000円相当のアサヒグループ商品の詰め合わせがもらえます。5種類の中から選択式になっていて、中でも株主様限定プレミアムビールは最高等級の大麦麦芽を100%使った、ぜいたくな非売品ビールです。

サッポロホールディングス <2501>

「サッポロ生ビール黒ラベル」や「ヱビスビール」の各ラインアップで愛飲されています。

3年以上の長期保有株主は、100株以上で1,500円相当、200株以上1,000株未満で3,000円相当、1,000株以上で4,500円相当のビール詰め合わせや食品・飲料水詰め合わせなどから選択できます。3年未満の株主にもそれぞれ1,000円相当、2,000円相当、3,000円相当の株主優待があります。

宝ホールディングス <2531>

「宝焼酎」や清酒「松竹梅」などを製造する京都の酒どころ、伏見に本社を置く酒類メーカーです。

100株以上1,000株未満で1,000円相当、1,000株以上で3,000円相当のグループ商品などがもらえます。優待商品は酒類詰め合わせで、松竹梅のスパークリング清酒やタカラcanチューハイなどが入ったセットです。

>>(続き)酒類業界以外でお酒の優待が受けられる企業3社
NEXT 「銀行ロゴ」のデザインとカラーに込められた意味……3大メガバンクほか PREV 新1万円札、渋沢栄一は何がすごいのか

関連記事