経済・マーケット
-
2019.7.24

旅を楽しむために知っておきたい世界の通貨事情

(写真=Konstantin Egorychev/Shutterstock.com)
(写真=Konstantin Egorychev/Shutterstock.com)
旅行や出張で海外に行く機会が多いと、自然とその国の通貨に興味を持つことがあるのではないでしょうか。今回は、為替相場の考え方や海外でのショッピングにも便利な外貨預金についてわかりやすく解説します。

旅先の通貨からその国の経済を知ろう

(写真=Nastya Sokolova/Shutterstock.com)
2019年3月時点で世界には196の国があり、旅好きな人は、自分が旅した国の通貨を記念に保管しておくことも多いのではないでしょうか。せっかくなら旅をした国の通貨をもとに、その国の経済を学んでみると面白いかもしれません。海外を旅するときは、日本円を現地通貨に両替します。

そこで重要になるのが為替相場です。為替相場とは、簡単にいうと2国間における通貨の交換比率のことです。通貨の価値は、需要と供給によって変わるため、交換比率も常に変動しています。例えば、「1米ドル=100円」のときに1万米ドルを両替すると100万円が必要です。ところが、「1米ドル=110円」のときに1万米ドルを両替すると、110万円が必要になるのです。(手数料は省いています)

「1米ドル=100円」のときに比べ、「1米ドル=110円」のときは1米ドルに対して10円多く支払う、つまり相対的に円の価値が下がっているため「円安」です。

逆に「1米ドル=90円」なら、1ドルに対して90円支払えばいいので、1万米ドルは90万円で交換できます。「1米ドル=100円のときに比べ相対的に円の価値が上がっているため「円高」となります。「海外旅行は円高のほうがいい」といわれる理由は、ここにあります。

日本円の価値が高い状態での両替のほうが相対的にたくさんの外国通貨と交換できます。海外で買い物を楽しむ予定なら、旅行前に為替相場を確認するとお得な買い物の感覚をつかむことができるでしょう。

旅先の通貨で外貨預金をするメリット

(写真=Number1411/Shutterstock.com)
海外で買い物をするなら、日本にいるうちに外貨投資をするのもいいでしょう。外貨投資には、外国株式や外国債券、外貨建て投資信託などさまざまな商品がありますが、代表的なのは外貨預金です。外貨預金は、日本国内の外国為替の取り扱いがある銀行で簡単に始めることができます。外貨預金とは、日本円を米ドルやユーロなどの外貨で預金する方法です。

外貨預金をしておけば、海外旅行や海外出張の際に預けた外貨をそのまま利用できるので便利という一面もあります。外貨を現地のATMから引き出せることもあるため、両替所に足を運ぶ手間もかかりません。外貨預金のメリットには、金利と差益の2つがあります。まず金利についてですが、日本では銀行に預けているだけでは、現状ほとんど利息はつきません。

2019年6月19日現在、メガバンクの普通預金の利息は0.001%で、100万円預けたとしても1年に10円しか利息がつかないのです。(税金は考慮せず)しかし、保有する通貨にもよりますが外貨預金であれば日本円より高い利息を受け取れる可能性が高くなります。トルコやメキシコ、南アフリカなど政策金利の高い通貨を保有すれば、預金金利の違いを痛感できるでしょう。
 
国名 通貨 政策金利
トルコ リラ 24%
メキシコ ペソ 8.25%
南アフリカ ランド 6.75%
日本 -0.10%
2019年5月時点

為替差益とは、為替相場の変動によって通貨を交換することで生じる利益のことです。例えば、「1米ドル=100円」のときに100万円を米ドルに交換すると1万米ドルになります。その後、円安になり「1米ドル=110円」のときに1万米ドルを円に交換すると110万円です。このように外貨預金を保有する場合、為替相場の変動によっては大きな利益が生まれることがあります。

外貨預金のリスクに備える方法

一方で、外貨預金にはリスクもあるため注意が必要です。例えば、為替相場が外貨購入時よりも円高に変動した場合、為替差損が発生します。外貨預金を始める場合は、リスクについてきちんと把握したり、情報収集を欠かさなかったりすることが大切です。一般的に信頼性が高いといわれている通貨は、米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・日本円などになります。

中でも米ドルは、世界の基軸通貨として流通していることや、経済情勢や政策動向などの情報が得やすいことから初心者に人気のある通貨です。しかし、為替相場に対してはなじみのない人が多く「外貨預金にはなんとなく手を出しづらい」という人も多くいます。ただ、少額からでも外貨預金を始めることで、為替相場の感覚をつかむきっかけになるでしょう。

また、外貨預金をすることで海外情勢などへの関心も高まる可能性があります。情報感度を高めれば、結果的に外貨預金のリスクを減らすことにもつながり、自分自身の知識量もアップします。外貨投資の中でも外貨預金は比較的安全性が高く、初めてでも挑戦しやすい商品です。旅行や出張でも利用しやすいため、海外に行く機会が多い人は検討してみるといいかもしれません。
 

【おすすめ記事】
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
日本円だけの資産ではダメな理由3つ
人口ボーナス期の果実を享受するためには
日本から出品・入札できる 世界最大のオークションハウス「クリスティーズ」
孫・バフェット両氏も活用する錬金術 保険が「最強のビジネス」である5つの理由

NEXT ここなら仕事も「ととのう」コワーキングサウナ登場 PREV 選挙に立候補するために必要な費用はいくら?

関連記事