キャリア・教育
-
2019.5.14

キャリアアップに神社参りへ、金運や仕事運がアップする都内神社4選

(写真=222studio/Shutterstock.com)
(写真=222studio/Shutterstock.com)
新年度を迎えると、社内での昇進や転職などを果たし、さらなるキャリアアップを考える方も増えるでしょう。キャリアアップに重要なのは「勉強」や「人脈」、「実績」。でも、1人で頑張るには限界があります。そこで今回は、金運や仕事運がアップするといわれる東京都内の神社を4つ紹介しましょう。

愛宕神社

ビジネス街の中にあり、仕事運が上昇するパワースポットとして知られます。地形からいえば、東京23区内で最も高い愛宕山の山頂に位置し、火の神様として知られる「火産霊命(ホムスビノミコト)」を祭っています。

大鳥居をくぐったあと、正面に見えるのが「出世の石段」と呼ばれる86段の階段です。この階段を登り切ると仕事運上昇の御利益があるといわれています。そのためか、平日でも多くのビジネスパーソンが参拝に訪れ、仕事運だけでなく金運上昇も祈願する様子が見られます。

【住所】東京都港区愛宕1丁目5番3号
【電話番号】03-3431-0327
【WEBサイト】http://www.atago-jinja.com/

五方山 熊野神社(立石熊野神社)

平安時代に陰陽師として名声を極めた安倍晴明(あべのせいめい)ゆかりの神社として知られ、1000年を超す歴史を有します。

境内の敷地は珍しい正五角形。安倍晴明が水害から守るため、陰陽五行説にならって五角形に結界を張ったとされ、「五方山」という名もそこからきています。

最近では、オリンピックで2回連続金メダルを獲得したフィギュアスケートの羽生結弦選手が安倍晴明を意識した曲と衣装を選んだことで、羽生選手のファンらが数多く参拝に訪れるようになりました。

安倍晴明は上司に認められ、知識と愛情を注がれて才能を伸ばし、学者として身を立てた人物です。そのため、立石熊野神社の御利益も、「よい上司に出会い、かわいがられる」「人徳を備える」「才能を育成してもらう」といったものが中心になっています。

ただ、晴明自身もその才能に甘えず不断の努力を怠りませんでした。努力の継続を望むビジネスパーソンが参拝するのにも適した神社といえるでしょう。

【住所】東京都葛飾区立石8丁目44-31
【電話番号】03-3693-5623
【WEBサイト】http://jinjya.kumano-kids.com/

出雲大社東京分祀

出雲大社といえば「因幡の白兎」の話で有名な大国主命(オオクニヌシノミコト)が祭られている神社ですが、都内で唯一、大国主命の御分霊を祭るのが、この神社です。

大国主命は「縁結びの神様」として知られていますが、ここでいう縁結びとは恋愛や結婚に限らず、すべての人とのご縁を意味します。ビジネスならば、上司や部下、同僚、取引先などとのご縁をつなぐご利益が期待できます。

また、大国主命はさまざまな困難や試練に打ち勝ったことが神話に記されています。それにあやかって起死回生を図る、ビジネス上の課題をクリアする、交渉上手になるといった願いもかなうかもしれません。

【住所】東京都港区六本木7丁目18-5
【電話番号】03-3401-9301
【WEBサイト】http://www.izumotaisya-tokyobunshi.com/

小網神社

550年の歴史を持つ、日本橋に鎮座する小さな神社です。「この神社のお守りを持って出兵した氏子が全員戦争から生還した」「東京大空襲でも境内は戦火から免れた」といった逸話から、「強運厄除けの神社」として知られています。

神社の特徴の一つが「銭洗いの井」。ここで小銭を洗って財布に入れておくと金運がぐんぐんアップするといわれており、「東京銭洗い弁天」とも呼ばれています。また、倉稲魂神(ウガノミタマノカミ、お稲荷大神)、弁財天、福禄寿など多くの神様を祭っていることでも有名です。

【住所】東京都港区六本木7丁目18-5
【電話番号】03-3401-9301
【WEBサイト】http://www.koamijinja.or.jp/

己の限界を知り、感謝を伝える

昔から成功者には熱心に神社参拝を行う人が多いといわれます。サントリーの創業者である鳥井信治郎氏もその一人。幼いころから信心深く、終生神社への寄付を欠かさなかったようです。大阪の生國魂神社の鳥居は同氏が寄進したものであり、同氏が人生最後にブレンドしたウィスキーのボトルデザインは山崎蒸留所に隣接する椎尾神社の鳥居をモチーフにしたものでした。

ビジネスで万事思い通りになることは稀(まれ)です。鳥井氏は個人の能力の限界を知り、神社での参拝を通じて冷静さと謙虚さを身に着けたからこそ成功を手にしたのでしょう。

多くの人が神社は願い事をする場所と認識しているかもしれません。常日頃から鎮守をしてくれている神社に、平和な日々を過ごせていることへの感謝を伝えることがいちばん大切なことです。既にあるものに感謝をすることで、欲に対する執着やマイナスの感情から解放され、冷静さを取り戻すことができるからです。

心のザワザワが静まると、これまで五里霧中だったことも霧がクリアになり、少しずつ光がさしこんで道筋が見えてくるでしょう。神社は精神を統一させる場所でもあるのです。
 

【おすすめ記事】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは

NEXT 子どものうちから「お金の教育」を。どのような場で学べるのか? PREV 「10年後必要とされる仕事、されない仕事」から考えるキャリア選択
'); document.write('\ \ \ '); document.write('\ \ \