キャリア・教育
-
2020.7.24

最新の世界「研究力ランキング」発表!上位の大学が取り組む先端研究とは?

(写真=metamorworks/stock.adobe.com)
(写真=metamorworks/stock.adobe.com)
AI(人工知能)、ゲノム編集、データサイエンス……。世界各国の名門大学が先端技術の研究に日々力を入れて取り組んでいます。このほど発表された英科学誌ネイチャーの「研究力ランキング」の上位校は、いまどのような分野に力を入れているのでしょうか。

世界の主要大学・研究機関が琢磨する研究力、最新ランキングが発表

英科学誌ネイチャーは毎年、大学などの研究機関ごとに主要科学誌への論文数などを集計し、「研究力ランキング」としてまとめています。その最新版の結果は以下のとおりです。
  • 1位:中国科学院(中国)
  • 2位:ハーバード大学(アメリカ)
  • 3位:マックス・プランク研究所(ドイツ)
  • 4位:フランス国立科学研究センター(フランス)
  • 5位:スタンフォード大学(アメリカ)
  • 6位:マサチューセッツ工科大学(アメリカ)
  • 7位:ドイツ研究センターヘルムホルツ協会(ドイツ)
  • 8位:中国科学技術大学(中国)
  • 9位:オックスフォード大学(イギリス)
  • 10位:北京大学(中国)

調査を開始した2016年以降5年連続首位の中国科学院は、「世界最大の頭脳集団」という異名を持つほど、さまざまな先端技術の研究にスピード感を持って取り組んでいることで知られています。研究領域も多岐にわたり、量子コンピュータや先端物理学、AI、電波望遠鏡などでの研究実績が多くみられます。

ノーベル賞受賞者や歴代大統領を数多く輩出しているハーバード大学は2位にランクイン。特に医学や経済学分野での先進的な研究が行われています。アメリカからはマサチューセッツ工科大学も6位に入っており、「自動運転」領域で深層学習やシステム開発などの成果も目立ちます。
 

こちらもおすすめ
社長の出身大学ランキング日本一はあの大学!
幼稚園から大学まで私立の場合、教育費はいくら掛かる?

今後拡大するビジネス分野が見えてくる

このランキングの上位校が力を入れている分野の多くは、今後の市場規模の拡大が見込まれています。特に「自動運転」は自動車業界に100年に1度の変革をもたらすとされ、企業も技術開発に力を入れている分野です。

このように毎年のランキングを参考にしていれば、今後発展が期待されるビジネス分野が見えてきます。来年以降発表されるランキングにも注目してみると、また新たな発見につながるかもしれません。
 

>>その他のおすすめ記事
50代からの起業は遅くない!逆に成功確率が高い理由とは
働く女性のキャリアステップ「ベンチャー企業転職」5つの注意点
共働き世帯が抱える「働く女性の悩み」夫婦で考えたいことは?
働く理由が分からない……部下のキャリアアップやマネジメントが昇給につながるワケ
富裕層が実践する「子どもの金融リテラシー」

関連記事