キャリア・教育
-
2020.4.19

一生涯知性を磨き続ける3つの習慣

(写真=Branislav Nenin/Shutterstock.com)
(写真=Branislav Nenin/Shutterstock.com)
「もう年だから」と諦めず、むしろ年を重ねるごとに知性を磨く努力をしたいものです。今すぐに実行できる3つの習慣を身に付け、老化を感じさせない快活な生活を目指してみてはいかがでしょうか。

知性は年齢を問わず向上する

「知性のある人」は年齢を問わず、魅力的です。知性の定義は様々ですが、一般的には、物事を適切に理解・分析し、知識や経験を問題の解決に適用する能力やスキルなどを指します。
そのため、知性の発達している人は感情や自我にとらわれず、どのような状況においても客観的に物事を判断し対処できます。
知性を磨くために必要な要素は、知識や経験を増やし、適切な判断を下すための思考力や直観力、情報処理能力を鍛えることです。以下の3つの習慣は、知性の向上に役立ちます。

知性を磨き続ける3つの習慣

1 話しすぎない

話すより聞くこと・考えることに集中すれば、頭の中で物事を分析し理論立てて話す習慣がつき、不必要な発言も減ります。
話し相手にも、「落ち着いた人、思慮深い人」という印象を与え、信頼を得やすくなるでしょう。

2 新しいことを学ぶ

年を重ねるごとに、固定観念に縛られる傾向があります。しかし、毎日新しいことを学ぶ意欲をもつことで視野が広がり、新しい環境や考え方を受け入れられる柔軟性が身につきます。
習い事を始める、外国語を勉強する、楽器を習う、本を読むなど、学習の対象や手法に制限はありません。散歩に繰り出し、風景や人の動きを観察するだけでも、新しい発見があるのではないでしょうか。
 

こちらもおすすめ
経済的に不自由な人ほど「無駄遣い」が多い理由

3 有酸素運動をする

エクササイズが認知能力にポジティブな効果をもたらすことは、数々の研究で証明されています。運動により脳への酸素供給が増加し、フリーラジカル(活性酸素)を減少させるためです。
特に、ジョギングや水泳、エアロビクス、サイクリング、ウォーキングなど、有酸素運動が効果的とされています。

このように、毎日少しの心がけで知性を磨くことができます。難しく考えず、「ちょっとした変化を楽しむこと」から始めてみましょう。


>>その他のおすすめ記事
50代からの起業は遅くない!逆に成功確率が高い理由とは
働く女性のキャリアステップ「ベンチャー企業転職」5つの注意点
共働き世帯が抱える「働く女性の悩み」夫婦で考えたいことは?
働く理由が分からない……部下のキャリアアップやマネジメントが昇給につながるワケ
富裕層が実践する「子どもの金融リテラシー」