キャリア・教育
-
2020.4.11

大転職時代に重要な人的資本「アルムナイ」とは?

(写真=Veres Production/Shutterstock.com)
(写真=Veres Production/Shutterstock.com)

転職時代において、本当に良い案件はあまり外に出ることがありません。そこで重要なネットワーク(人脈)の一つとして、退職者やOB・OGで構成される「アルムナイ(Alumni)」が注目されています。

アルムナイ・ネットワークで転職をより有利に

転職活動を有利に行うために、知り合いの紹介などネットワークを利用する人も多いでしょう。

条件に合った転職先を見つけやすいだけではなく、自分の職歴や業績、実力、人柄などもネットワークを介して転職を希望先の企業に伝わっているため、選考がスムーズに進みやすいという特徴があります。

その中でもアルムナイのネットワークは、同じ職場で働いた経験に基づき、ある程度の実力を分かっている人からの紹介であるため、企業側に信頼感や安心感をあたえるというメリットがあります。

企業にとっても貴重な人的資本の宝庫

アルムナイを重宝しているのは、転職希望者だけではありません。DeloitteやMicrosoftを筆頭に、海外では優秀な人材の確保手段としてアルムナイを利用する企業が増えています。元従業員などとコミュニケーションをとり、戦力となる人材の発掘や再雇用に役立てるという戦略です。

CitigroupやJPモルガン・チェース、Dellといった大手企業は、シアトルを拠点とするソフト企業Conenzaのサービス「アルムナイ・プログラム」を利用し、人的資本のネットワークを効果的に構築、管理しています。

また、アルムナイはブランドの価値を高めるアンバサダーや顧客、ビジネスパートナー、あるいは再雇用者となる可能性を秘めた「生涯の同僚(Colleagues for life)」でもあります。

しかし、今の職場で成果をださず、転職したいからといってアルムナイを頼りにしたり、将来的に重宝されるアルムナイの一人になろうとしたりしても、良い結果は期待できないでしょう。人的資本が未だかつてないレベルで重視される現代、「現在の自分が未来の自分を作る」ことを忘れず、たゆまぬ努力を心掛けたいものです。

>>その他のおすすめ記事
50代からの起業は遅くない!逆に成功確率が高い理由とは
働く女性のキャリアステップ「ベンチャー企業転職」5つの注意点
共働き世帯が抱える「働く女性の悩み」夫婦で考えたいことは?
働く理由が分からない……部下のキャリアアップやマネジメントが昇給につながるワケ
富裕層が実践する「子どもの金融リテラシー」

関連記事