キャリア・教育
-
2020.3.14

MBAで年収129%アップ?通いたい世界のMBAスクールランキング

(写真=antondanilenko/Shutterstock.com)
(写真=antondanilenko/Shutterstock.com)

MBA」(経営学修士号)はビジネスパーソンの格も能力も高めます。MBAを学ぶスクールによって格式もレベルもさまざまで、どこへ通ったらいいのか見当がつかない人もいるでしょう。そこで世界のMBAスクールランキングを紹介します。

MBAスクールの世界ランキング

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が世界のMBAスクールをランキング化していて、2019年版のデータからランキングのほかに、卒業3年後の年収の平均額と年収の増加率も比較しました。

1位:Stanford Graduate School of Business(アメリカ)

卒業3年後の平均年収:228,074ドル

年収増加率:129

2位:Harvard Business School(アメリカ)

卒業3年後の平均年収:205,486ドル

年収増加率:112

3位:Insead(フランス・シンガポール)

卒業3年後の平均年収:179,661ドル

年収増加率:104

4位:University of Pennsylvania: Wharton(アメリカ)

卒業3年後の平均年収:197,267ドル

年収増加率:114

5位:Ceibs(中国)

卒業3年後の平均年収:174,115ドル

年収増加率:183

1位となった「Stanford Graduate School of Business」(スタンフォード大学経済大学院)は過去3年間の平均順位も卒業3年後の平均年収でもトップで、世界最高峰のビジネススクールでしょう。

日本の有名な経営者の中にもこのMBAスクールを卒業している人は少なからずいますが、入学するのも非常に難しいことで知られています。

2位の「Harvard Business School」は言わずとしれた米ハーバード大のMBAスクールで、ほかのランキングではスタンフォード大学経済大学院を抜いて首位となっているケースもあります。MBAプログラムは1908年に始まり、世界でも伝統あるビジネススクールの一つです。

5位には中国の上海を拠点にした「Ceibs」(中欧国際工商学院)がランクインしています。中国でも事業展開する日本企業の幹部候補なども通っていることで知られています。

経済界への人脈作りにもつながるMBAスクール

MBAスクールに通うことは、その国における経済界への人脈作りにもつながります。あなたはどのMBAスクールに通ってみたいですか。

>>その他のおすすめ記事
50代からの起業は遅くない!逆に成功確率が高い理由とは
働く女性のキャリアステップ「ベンチャー企業転職」5つの注意点
共働き世帯が抱える「働く女性の悩み」夫婦で考えたいことは?
働く理由が分からない……部下のキャリアアップやマネジメントが昇給につながるワケ
富裕層が実践する「子どもの金融リテラシー」