キャリア・教育
-
2020.1.13

富裕層が実践する「子どもの金融リテラシー」

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
「子どもの金融リテラシー」は、富裕層が子育てにおいて重視していることの一つです。お金に苦労する心配がない環境で育つということは、生活や教育面で大きなメリットがある反面、お金の価値が分からない大人に成長するリスクが潜んでいます。

単に、お金の価値を教えるだけではなく、子どもに幼い頃から「富裕層の思考」を身に付けさせることにより、安定した経済観念を養う点が富裕層の金融リテラシーの特徴でしょう。

富裕層が子どもに教える5つのポイント

過去30年間で1,200人以上のビリオネア(資産額10億ドル=約1,090億円以上)に取材を行った、富裕層研究家のスティーブ・シーボルト氏いわく、富裕層は自分の子どもにお金について教えるにあたり、以下の5つのポイントを重視しています。

1 成功するためには努力が必要

親の資産に依存するのではなく、経済的に独立し、自分の手で成功を勝ち得るためには、子どもの頃から努力することが必要です。

2 より大きな問題に挑戦する

革新的なアイデアや問題の解決は、お金を生みだす手段の一つです。より大きな問題を解決することで、より沢山のお金を得ることができるでしょう。

3 成功者との人脈を広げる

成功者との交流は、意識レベルの向上や視野の拡大にポジティブな影響をもたらします。子どもの頃から、有益なネットワーク作りを意識した人間関係を築くことが大切です。

4 お金を増やす

富裕層は、「浪費家」ではなく「投資家」です。投資や貯蓄、あるいはビジネスなどを通し、お金が増える仕組みを理解することは非常に重要です。
 

こちらもおすすめ
子どものうちから「お金の教育」を。どのような場で学べるのか?
21世紀を生き抜く「賢い子ども」を育てるには?

5 「支出」ではなく「投資」

いくら沢山のお金を持っていても、支出が収入を上回るような生活を続けていると、いずれすべてを失ってしまうかもしれません。お金を使う前に、「懸命な投資かどうか」を考えてから使う習慣を身に付けます。

お金が沢山あるからといって、幸せになれるとは限りません。しかしながら、健全な経済観念と投資の視点について幼いころから学んでおくことは、子どもの将来に大きな恩恵をもたらすのではないでしょうか。


>>その他のおすすめ記事
富裕層だけではない!?幼稚園からお受験させるのはどんな家庭?
英語の次に学ぶべき「第三言語」は何か?+αで習得するメリット
そのまま40代を迎える前に。30代が身につけておくべき3つのビジネススキル
30代から考えたい「必要な人脈」と「不必要な人脈」
外資系企業へ転職するために必要な2つの基本的なスキルとは